maupiazza_01

展覧会情報

開催中の展覧会
次回の展覧会

過去の展覧会

お知らせ

【募集を終了しました】ムサビ・キッズプログラム「ミニチュアチェアをつくろう」

美術館では、ムサビ・キッズプログラム「ミニチュアチェアをつくろう−ムサビの近代椅子コレクションに触れる−」を開催します。近代名作椅子の1/5サイズのミニチュアを作ります。また、当日は普段入ることのできない“椅子ギャラリー”へもご案内します。
日 時|2017年7月29日(土)13:00−16:00
定 員|15名 ※応募多数の場合は抽選
対 象|小中学生 ※小学校3年生以下は保護者同伴
参加費|無料
会 場|美術館 第10講義室、椅子ギャラリー
申込方法|メールでの事前申込(7月20日締切)
抽選の結果をご応募いただいた方全員にお知らせしております。もしメールを受信されていない方がいらっしゃいましたら、恐れ入りますがご連絡くださいますようお願い申し上げます。
詳細はチラシをご確認ください。

【芦原義信建築アーカイブ展】キャンパスツアーのお知らせ

2017年6月19日(月)16:30-18:30 本学建築学科主催のキャンパスツアー&実測体験を行います。
詳しくはこちらへ

OPACが新しくなりました

5月1日(月)より図書館の蔵書検索システムOPACがリニューアルしました。

URLが以下のとおり変更になります。
(変更前)http://library.musabi.ac.jp/webopac
(変更後)https://opac.musabi.ac.jp

※本学図書館OPACをブックマークに登録していただいている方は、URLの変更をお願いします。

————————————————————-

【新しい図書館OPAC、ここが変わりました!】

・「貸出ランキング」・「新着案内」機能を追加しました
・検索窓がシンプルになりました
・検索結果画面が見やすくなりました
・絞り込み検索が簡単にできるようになりました
・スマートフォンに対応しました
QR_Code1493608455

「MAU M&L 博物図譜」アプリについてのお知らせ

当館公式アプリ、「MAU M&L 博物図譜」は第17回文化庁メディア芸術祭、エンターテインメント部門において「審査委員会推薦作品」に選ばれました。
→詳細

統合検索データベースの外部公開について

美術館・図書館の所蔵資料(美術、図書、映像、民俗)を横断的に検索できる「統合検索データベース」を公開中。ぜひご利用ください。

→統合検索データベース

iPad*アプリケーション「MAU M&L 博物図譜」iPhone*対応化

荒俣宏氏旧蔵の貴重書全ページを閲覧できる iPad* アプリケーション「MAUM&L 博物図譜」が、ついにiPhone*対応化。さらに、荒俣氏による解説映像もご覧いただけるようになりました。この機にぜひお試しください。


*iPad、iPhoneはApple.Incの商標

武蔵野美術大学 美術館・図書館 公式ツイッター

武蔵野美術大学 美術館・図書館 公式ツイッター

公式twitterを始めました。展覧会や各種イベントなど美術館・図書館に関する情報をつぶやきます。


学外の方の図書館見学について

見学は水曜日と金曜日のみ受け付けております。
時間や人数などの制限がありますので、事前の申し込みが必要です。

※閉館期間中の見学は受け付けておりません。
※お申込み前に必ず「図書館見学申込票」の注意事項と「学外からの見学の方へ(お願い)」を必ずお読みのうえお申込み下さい。

見学の方によるマナー違反が散見されております。当館は観光施設ではなく学習施設であることをご理解のうえ、お申込みいただきますようお願い申し上げます。

申込方法・詳細はこちら

図書館内・テラスでの撮影について

図書館内、テラスでの写真・ビデオ等での撮影は原則お断りをしております。
撮影を希望する場合は事前申込が必要です。
※図書館見学での館内撮影はできません。

【本学学部生・大学院生】
作品制作、ポートフォリオ制作などで撮影を希望する場合、1階レファレンスカウンターに事前にご相談下さい。
撮影日、撮影場所、撮影内容、撮影目的等を明記した申請書を提出していただきます。

【外部の方の撮影について】
教育・研究の妨げにならない範囲で、かつ本学の有効な広報となると判断されるものについて、撮影を許可しています。詳細は下記をご覧ください。
美術館・図書館での撮影について

【芦原義信建築アーカイブ展】手書き図面を読み解くレクチャーを開催

2017年7月15日(土)14:30~16:00(予定)美術館ホールにて「手描きの線から立ち上がる関係性の美学」と題して、上口泰位氏(日本設計建築設計群専任部長)と山下博満氏(同社プロジェクト管理部部長)を講師にお招きし、野呂一幸氏(本学造形研究センター客員研究員)の司会にて、設計者の視点から芦原義信作品の手描き図面を紐解きます。詳細はこちらへ