maupiazza_01

展覧会情報

開催中の展覧会
次回の展覧会

過去の展覧会

お知らせ

「モダンリビングへの夢ー産業工芸試験所の活動から」展覧会図録 受賞のお知らせ

「モダンリビングへの夢ー産業工芸試験所の活動から」展の図録が、「第59回全国カタログ展」にて、日本印刷産業連合会会長賞を受賞いたしました。
https://www.jfpi.or.jp/topics/detail/id=3443
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
第59回全国カタログ展
日本印刷産業連合会会長賞 受賞
「モダンリビングへの夢ー産業工芸試験所の活動から」
発行:武蔵野美術大学 美術館・図書館/造形研究センター
印刷:株式会社山田写真製版所
編集:敷田弘子(武蔵野美術大学 美術館・図書館)、
AD:中野豪雄 D:保田卓也(中野デザイン事務所)、PD:高智之(山田写真製版所)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【参加者募集】“こだわりの”ミニチュアチェアをつくろう

美術館では、「“こだわりの”ミニチュアチェアをつくろう−ムサビの近代椅子コレクションに触れる−」を開催します。素材や制作方法をより忠実に再現した、近代名作椅子の1/5サイズのミニチュアを1脚作ります。また、当日は普段入ることのできない“椅子ギャラリー”へもご案内します。

日 時|2017年12月16日(土)13:00−16:00
定 員|15名 ※応募多数の場合は抽選
対 象|高校生以上
参加費|無料
会 場|美術館 第10講義室、椅子ギャラリー
申込方法|メールでの事前申込(12月7日締切)
*応募は1通のメールにつき1名
詳細はチラシをご確認ください。

【募集を終了しました】「やきものの在処」展関連ワークショップ「あめゆうきっかぎょもんへい」を写して板皿をつくろう

飴釉菊花魚文瓶
飴釉菊花魚文瓶
飴釉菊花魚文瓶

詳細はこちらをご覧ください。
日 時|2017年10月7日(土)15:30-17:30
講 師|西川聡(陶芸家/武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科教授)
対 象|小学校4年生以上
参加費|無料 ※焼成後の作品の送料(着払い)のみ、ご負担いただきますようお願いいたします。
会 場|美術館 展示室4・5、第10講義室
定 員|10名程度
申込方法|メールでの事前申込(定員に達し次第締切)
住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、メールアドレスを明記の上、ml_event@musabi.ac.jpまでお申込みください。メール件名は【参加希望―やきものワークショップ】としてください。保護者の同伴がある場合は、その旨明記ください。

「MAU M&L 博物図譜」アプリについてのお知らせ

当館公式アプリ、「MAU M&L 博物図譜」は第17回文化庁メディア芸術祭、エンターテインメント部門において「審査委員会推薦作品」に選ばれました。
→詳細

統合検索データベースの外部公開について

美術館・図書館の所蔵資料(美術、図書、映像、民俗)を横断的に検索できる「統合検索データベース」を公開中。ぜひご利用ください。

→統合検索データベース

iPad*アプリケーション「MAU M&L 博物図譜」iPhone*対応化

荒俣宏氏旧蔵の貴重書全ページを閲覧できる iPad* アプリケーション「MAUM&L 博物図譜」が、ついにiPhone*対応化。さらに、荒俣氏による解説映像もご覧いただけるようになりました。この機にぜひお試しください。


*iPad、iPhoneはApple.Incの商標

武蔵野美術大学 美術館・図書館 公式ツイッター

武蔵野美術大学 美術館・図書館 公式ツイッター

公式twitterを始めました。展覧会や各種イベントなど美術館・図書館に関する情報をつぶやきます。


学外の方の図書館見学について

見学は水曜日と金曜日のみ受け付けております。
時間や人数などの制限がありますので、事前の申し込みが必要です。

※閉館期間中の見学は受け付けておりません。
※自家用車および観光バスでの来館はご遠慮ください。
※お申込み前に必ず「図書館見学申込票」の注意事項と「学外からの見学の方へ(お願い)」を必ずお読みのうえお申込み下さい。

見学の方によるマナー違反が散見されております。当館は観光施設ではなく学習施設であることをご理解のうえ、お申込みいただきますようお願い申し上げます。

申込方法・詳細はこちら

シンポジウム「文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業報告―日本のデザイン資源を考える―」開催のお知らせ

シンポジウム「文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業報告―日本のデザイン資源を考える―」を文化学園大学にて開催します。

詳細はこちら
告知用-B

アーカイブ中核拠点形成モデル事業ウェブサイト公開のお知らせ

文化庁からの委託により、京都工芸繊維大学、文化学園大学と本学の3大学共同で行なっている「アーカイブ中核拠点形成モデル事業」のウェブサイトを公開いたしました。
この事業は、日本国内に所蔵されているデザイン資料に関する情報を収集・整理し、デジタル・アーカイブ化することによって、それら資料の利活用のための基盤を形成することを目的として、平成27(2015)年度より行っております。

アーカイブ中核拠点形成モデル事業ウェブサイトhttp://www.d-archive.jp/