展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • 文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業サイドバナー
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter
  • 見どころ
  • 関連企画

芦原義信建築アーカイブ展―モダニズムにかけた夢

The Yoshinobu Ashihara Architectural Archives: Dreaming Modernism

芦原義信建築アーカイブ展―モダニズムにかけた夢

会 期|
2017年5月22日(月)-8月13日(日)
休館日|
日曜日、祝日 ※6月11日(日)、7月17日(月・祝)、8月13日(日)は特別開館
時 間|
10:00-18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学美術館 展示室1・3・4・5
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
共 催|
武蔵野美術大学 造形研究センター
協 力|
芦原建築設計研究所

監 修|
松葉一清(武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史教授)

     田中正之(武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史教授)

モダニズムの盛期1950年から70年代に数々の名建築を手がけた芦原義信の活動の軌跡を、武蔵野美術大学所蔵「芦原義信建築資料アーカイブ」の図面、写真、模型によってたどる。本学キャンパスなど代表作11点の紹介に加え、米ハーバード大留学時代の課題図面など貴重な資料も展示。全作品300件のデジタルデータ、タイムラプス映像、撮り下ろしの建築写真によって、建築アーカイブのあり方も提言する。

This exhibition explores the activities of Yoshinobu Ashihara, who designed a large number of famous buildings in the 1950s to the 1970s, the heyday of Modernism. Through drawings, photographs, and models in the Yoshinobu Ashihara Architectural Archives, part of the Musashino Art University collection, it presents ten of Ashihara’s masterworks, including the campus for our university, as well as valuable reference materials, including drawings made for projects while he was studying at Harvard University. With digital data on all 300 of his works, time-lapse photography, and new architectural photographs, this exhibition also presents what an architectural archive can and should be.

展覧会概要

この度、武蔵野美術大学 美術館・図書館では、展覧会「芦原義信建築アーカイブ展—モダニズムにかけた夢」を開催いたします。

 日本の戦後モダニズム建築の盛期1950年から70年代に焦点をあて、数々の名建築を手がけた建築家・芦原義信(1918-2003年)の軌跡を、手描きの図面など100点以上に及ぶ建築資料の展示でたどります。
 本展では「中央公論ビルディング」(1956年)、「駒沢公園体育館・管制塔」(1964年)、「ソニービル」(1966年)、「モントリオール万国博覧会日本館」(1967年)など10の代表的な建築に加えて、芦原義信の建築や外部環境の理念を伝える「武蔵野美術大学鷹の台キャンパス」(1964年)を紹介します。当館が所蔵する20万点に及ぶ「芦原義信建築アーカイブ」の中から手描き図面や写真などの建築資料、さらには1950年代初頭ハーバード大学大学院に留学当時の課題図面など貴重な個人資料も展示します。

 アーカイブに残された約4万点の手描き図面は、現在のCADデータによる図面とは違い、技巧に裏打ちされた緻密な鉛筆の運びによって描かれています。図面表現から見える設計者の意思や姿勢、複数の図面から設計プロセスを追うことにより浮かび上がる設計思想、さらには当時の建築設計への情熱が実感いただけることでしょう。アーカイブには、精密で端正な手描きの構造図や設備図も含まれており、構造設計の織本匠(1918-2001)や設備設計の犬塚恵三(1924-)との緊密な連携が芦原の作品の根幹を支えていたことが読み取れます。

 11の代表作を題材に、所蔵資料による空間解明に加え、会場内のタッチパネル端末によって図面や写真を中心とした芦原義信設計の全300件の作品資料の閲覧もできます。また、本学キャンパスを写真家の村井修/有川幸雄と百瀬俊哉が新たに撮影した写真展示を通して、美術大学として50年以上を経たキャンパスの姿と魅力を新たな角度から浮かび上がらせます。さらに実在の建築をどのように記録していくかという観点から、キャンパスを2年以上延べ650時間にわたって撮影してきたタイムラプスによる映像ドキュメントのインスタレーション展示、モバイル端末を使って見ることができる初期キャンパスのCG再現アプリなど、新たな建築アーカイブの試みも体験できます。

※本展は2013年からスタートした武蔵野美術大学造形研究センターの研究プロジェクト「近現代建築空間および生活デザインの高度なデジタル・アーカイブ化と、生活文化空間の総合的研究」の成果を公開する目的で企画されました。

見どころ

出展作家

芦原義信(あしはら よしのぶ)
1918年7月7日-2003年9月24日

東京大学を卒業後、ハーバード大学大学院を修了し、マルセル・ブロイヤー事務所に勤務。帰国後は駒沢オリンピック公園体育館・管制塔、ソニービル、武蔵野美術大学鷹の台キャンパス、第一勧業銀行本店(現みずほ銀行東京営業部)、国立歴史民俗博物館などを設計した。また『街並みの美学』、『外部空間の設計』など都市の景観や建築の空間に関する著作多数。法政大学、武蔵野美術大学、東京大学の教授を歴任し、建築教育に尽力するだけでなく、日本建築学会会長なども務め、日本の建築界を牽引した。1988年文化勲章受章。

会場風景
展示会場風景

撮影:有川幸雄

撮影:有川幸雄 撮影:有川幸雄 撮影:有川幸雄 撮影:有川幸雄 撮影:有川幸雄 撮影:有川幸雄 撮影:有川幸雄 撮影:有川幸雄 撮影:有川幸雄 撮影:有川幸雄

関連企画

講演会

芦原義信建築アーカイブについて【終了しました】
日 時|
2017年5月27日(土)16:00-17:30(予定)
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|
入場無料/先着順(予約不要)/直接会場へお越しください

1.講演

「アーカイブの意義 父が残そうとしたもの(仮)」
出演者|
芦原太郎(芦原建築設計研究所 所長/建築家)

2.鼎談

「芦原義信建築アーカイブとその可能性について」

出演者|
芦原太郎(芦原建築設計研究所 所長/建築家)
田中正之(武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史教授)
松葉一清(武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史教授)

ツアー

設計者とまわるムサビキャンパス【終了しました】
キャンパス設計に携わった方を講師に迎え一緒にキャンパスを巡り、設計のコンセプトや建築にまつわるエピソードなど実際の建築を見ながら語って頂きます。
日 時|
2017年5月27日(土)14:30- 石岡俊二(元芦原建築設計研究所 管理建築士)
    
2017年6月10日(土) 14:30- 児島学敏(都市文化研究室代表/元芦原建築設計研究所 設計部長)
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール ※トークの後にキャンパスをまわります。
参加方法|
入場無料/先着順(予約不要)/直接会場へお越しください

講演会

「手描きの線から立ち上がる関係性の美学」
日 時|
2017年7月15日(土)14:30~16:00(予定)
講演者|
上口泰位(株式会社 日本設計 建築設計群専任部長)
山下博満(株式会社 日本設計 プロジェクト管理部部長)
司 会|
野呂一幸(本学造形研究センター客員研究員/スターツCAM株式会社顧問)
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
内 容|
芦原義信建築アーカイブに保管されている手描き図面の中から初期芦原作品を中心に、設計者の視点から上口泰位氏と山下博満氏に綿密な分析をして頂き、その成果は図録に充実した論考が掲載されております。講演会ではお二人をお招きして、膨大な量の手描き図面から何が見えてきたのか、建築の特徴、さらには構造や設備との関係、そこに込められた建築家芦原義信の建築理念や熱情を紐解いていきます。司会は、造形研究センター客員研究員の野呂一幸氏がつとめます。
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
共 催|
武蔵野美術大学 造形研究センター
参方法加|
入場無料/先着順(予約不要)/直接会場へお越しください

芦原義信建築アーカイブ展 関連企画/実測学校の芦原建築ツアー

「ムサビキャンパスを 見る・触る」【終了しました】
日 時|
2017年 6月19日(月)16:30 ~ 18:30
内 容|
実測学校は、学生とムサビ建築学科OB・OGが、実測をとおして、建物や街並みを学ぶ学校です。 今回は、芦原建築の宝庫ムサビキャンパスを 実測学校のスタイルで、見て、触って、巡ります。 ツアー最後には、摺本(すりほん)というフロッタージュ技法で、建物の部分を写し取ります。
主 催|
武蔵野美術大学建築学科
共 催|
実測学校
協 力|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
参方法加|
美術館受付前に集合(予約不要/参加無料)