展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • 文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業サイドバナー
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter

「未来の幽霊」―長沢秀之展―

Ghosts of the Future - Hideyuki Nagasawa

「未来の幽霊」―長沢秀之展―

会 期|
2017年9月4日(月)-10月1日(日)
休館日|
日曜日、祝日 ※10月1日(日)は特別開館
時 間|
10:00-18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学美術館 展示室2・3、アトリウム1
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
協 力|
武蔵野美術大学 油絵学科研究室

画面を覆い尽くす無数の絵の具の点のタッチは、かつてそこに在った瞬間の輪郭をあいまいに溶かし、自らの立つ現在と過去を隔てる「距離」を浮かびあがらせる。画像を描いたキャンバスの上に、絵の具をランダムにおくこと。そこに、どこでもない、誰かの風景を見いだすこと。描くことの原初を見つめ続ける長沢秀之教授の作品を、最新作を中心に紹介する。

Hideyuki Nagasawa’s touch, with countless dots of pigment covering the picture plane, melts the momentary perimeters into ambiguity and makes the distance between the present in which one stands and the past come to the fore. Painting a picture on the canvas, then randomly applies pigments upon it. In his work, we discover someone’s landscape, a landscape that is nowhere. This exhibition focuses on Hideyuki Nagasawa’s most recent paintings in introducing the work of this Musashino Art University professor who continues to contemplate the origins of painting.

画像:長沢秀之《1963年の入学式》2016年