展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • 文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業サイドバナー
  • MAUML博物図譜
  • MAU-PIAZZA
  • レコマル
twitter
  • 見どころ
  • 関連企画

武蔵野美術大学のデザイン教育アーカイブ

タイポグラフィ教育 2

タイポグラフィデザインの楽しさを探る/田中晋の教育の軌跡
Typography Education II
—The Musashino Art University Design Education Archive
Discovering Enjoyment in Typography Design—Shin Tanaka’s Locus as an Educator

タイポグラフィ教育 2

会 期|
2017年10月16日(月)-11月11日(土)
休館日|
日曜日、祝日、10月30日(月) ※10月29日(日)は特別開館
時 間|
10:00-18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学美術館 展示室1
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
協 力|
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科研究室

「武蔵野美術大学のデザイン教育アーカイブ」展の第3弾。印刷物にせよウェブにせよ、文字を使い誰かに何かを伝えようとするすべてのデザインは、タイポグラフィデザインの領域に係ってくる。本展では、田中晋によるタイポグラフィ教育の業績と、その成果である学生の課題作品を展覧する。

This exhibition is the 3rd in the Musashino Art University Design Education Archives series. Whether print or on the web, all design aimed at communicating something to someone through text connects to the domain of typography design. This exhibition explores Shin Tanaka’s achievements in teaching typography and the resulting projects by his students.

展覧会概要

このたび、武蔵野美術大学 美術館・図書館では、展覧会「タイポグラフィ教育II タイポグラフィデザインの楽しさを探る/田中晋の教育の軌跡」を開催いたします。本展は2012年に当館で2回にわたり開催された「武蔵野美術大学のデザイン教育アーカイブ」展の第3弾であり、本学のタイポグラフィ教育に関する展覧会としては5年ぶり2 回目の開催となります。
 時代とともに美術・デザインの領域が拡大し、専門性がますます多様化する中で、専任教員と並んで多くの講師の熱意あふれる指導が本学の教育を大きく担っています。「武蔵野美術大学のデザイン教育アーカイブ」展は、そのようにして本学のデザイン教育の発展に尽力してきた講師の成果を展覧する目的で企画されています。
 田中晋氏は1967年に桑沢デザイン研究所を卒業後、勝井三雄デザイン研究室を経て田中晋デザイン室を設立、書籍や雑誌などのエディトリアルデザインを中心に、ブルーノ国際グラフィックビエンナーレ・エディトリアル部門銅賞など海外での受賞をはじめ、国内では造本装幀コンクール展での入賞など数多くの実績を残してきました。その傍ら教育者としての活動も多く、1994年に本学視覚伝達デザイン学科の講師に就任、線・形・色などの要素を視覚的にコントロールするために必要な身体感覚を「絶対視覚感覚」と名付け、23年間の長きにわたり、文字、印刷、造本にわたる領域の教育を実践してきました。
 本展ではタイトルにありますように、タイポグラフィデザインに楽しさを見出してほしいという田中氏の情熱に支えられ、どれもが力作と呼べるものに仕上がった学生の課題作品やスタディを中心に展覧いたします。

見どころ

出展作家

1. まるで図書室のような空間
学生自ら文字を組み、編集から造本までを手がけた個性豊かな本が所狭しと並び、その様子はまるで美術館の中に現れた図書室のようです。

2. 手に取って読める本
本展のために集められた本は、お手に取って読むことができます。どんどん次のページをめくりたくなるような本が目白押しです。

3. スタディの展示
完成形である本に加えて、身体感覚を身につけるためのトレーニングである、スタディを展覧することで、学生それぞれがどのように発想し思考をめぐらせたのか、その過程を伺い知ることができます。

田中晋 略歴

1946年 東京生まれ
1965年 私立海城高校 卒業
1967年 桑沢デザイン研究所 卒業
1967年 勝井三雄デザイン研究室 入社
1979年 勝井デザイン研究室 退社
1979年 田中晋デザイン室 設立
1982年 桑沢デザイン研究所 非常勤講師開始(1982→2014)
1994年 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 非常勤講師開始
2004年 名古屋学芸大学 メディア造形学部 デザイン学科 特別講師開始(2004→2007)
2016年 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 非常勤講師退任

出品作品
ギャラリー

小林響子(2016年) 『コクリコ坂から』全学生討論会 スタジオジブリ・著 撮影:佐治康生

苗雨龍(2014年)『狂人日記』 魯迅・著 丸山昇・訳 撮影:佐治康生 ドットスタディ 講評 講評前風景

関連企画

対談「タイポグラフィの学び方」
日 時|
2017年10月21日(土)15:00-16:30
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|
入場無料/先着順(予約不要)/直接会場へお越しください
出演者|
新島実(武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科教授)
田中晋(グラフィックデザイナー)