展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • 文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業サイドバナー
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter

戸谷成雄―現れる彫刻

Shigeo Toya - Sculpture to Emerge

戸谷成雄―現れる彫刻

会 期|
2017年10月16日(月)-11月11日(土)
休館日|
日曜日、祝日 ※10月29日(日)は特別開館
時 間|
10:00-18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学美術館 展示室2・3
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
協 力|
武蔵野美術大学 彫刻学科研究室

彫刻の根源的成り立ちから考察したうえで作り出されてきた戸谷成雄教授の作品は、彫刻が生み出す作品世界への深い思索を誘う。下層に何かがうごめいているかのようにも見える彫刻の表面は、見えるものと見えないもの、現れることと現れないこと、といったふたつの領域の境界を示す。展示空間全体を使った大型作品を中心に展示し、戸谷が思考してきた彫刻の構造とその発生の場を探る。

Shigeo Toya’s works, created through his consideration of the roots of sculpture, invite us to think deeply about the universe that sculpture creates. Sculptures’ surfaces, in which something seems to be wriggling in lower layers, present the boundaries between two territories, what can and cannot be seen, what appears and does not appear. This exhibition, which uses the entire gallery space, is centered on large-scale works in exploring the structures of sculpture and examining its sources in Toya’s thinking.

画像:戸谷成雄《見られる扉II》(背後部分)1994年