展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • 文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業サイドバナー
  • MAUML博物図譜
  • MAU-PIAZZA
  • レコマル
twitter
  • 見どころ
  • 関連企画

遠藤彰子展“Cosmic Soul”

Akiko Endo - “Cosmic Soul”

遠藤彰子展“Cosmic Soul”

会 期|
2017年11月27日(月)-12月22日(金)
休館日|
日曜日
時 間|
10:00-18:00(土曜日は17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学 12号館地下展示室
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
協 力|
武蔵野美術大学 油絵学科研究室

遠藤彰子教授の描く大作群は、世界に存在する全ての現象を封じ込めたかのような壮大な物語として、観衆に圧倒的な印象を残してきた。本回顧展では、初期の楽園シリーズから、飛躍のきっかけとなった街シリーズ、現在に至るまでの大作群を中心に、立体や挿絵を加え、広範な活動の軌跡を一堂に会して紹介する。

Groups of large-scale works by Professor Akiko Endo, huge tales incorporating all phenomena existing in the world, leave overwhelming impressions on viewers. This retrospective introduces her wide-ranging achievements, focusing on major groups of her work, including her early Paradise series, the Street series, which spurred a major creative leap, and her current work, plus three dimensional works and illustrations.

*Location: Building 12 Basement Gallery.

展覧会概要

画家・遠藤彰子(1947-)は、人間を取り巻く自然界に存在するあらゆる現象を描き出し、その壮大な世界観で観るものに圧倒的な印象を残してきました。500号を超える大作群のうねりのある構図から引き起こされる、その躍動感やエネルギーの前では、まるで絵の中に引き込まれるかのような不思議な感覚に陥ることでしょう。
 遠藤彰子はこれまで一貫して「人間の存在」及び「今生きている実感」をテーマに描き続けてきました。画家を志して以来、この50数年間1日も筆を持たなかった日はないと語り、年に一度500号以上の大作に挑み続けるそのバイタリティには誰もが驚愕し、そして敬服せざるを得ません。
 本展は、その遠藤彰子の画業の節目ともなる大規模な展覧会となります。初期の「楽園シリーズ」から、飛躍のきっかけとなった郷愁を誘う「街シリーズ」、そして現在に至るまでの500号~1500号の大作群を中心に、立体や挿画を加え、これまでの広範な活動の軌跡を一堂に会して展観します。
 遠藤彰子が全身全霊を込めて描いた作品群。それらを前にして、観るものは、画面から溢れ出る“Cosmic Soul”̶宇宙の魂̶を感じずにはいられないでしょう。今を生きる私たちに明日への希望を与えてくれる、その輝きに満ちた作品群を、ぜひご覧ください。

見どころ

出展作家

①500号~1500号の大作群を一堂に展示
500号1枚のサイズは、248.5×333.3センチメートルにも及びます。これがさらに横に2枚連 なった1000号(333.3×497.0)、3枚連なった1500号(333.3×745.5)という大画面の作品群が会 場を埋め尽くす姿は圧巻です。代表作である《みつめる空》(1989年、相模原市蔵)、《黄昏の笛は 鳴る》(1991年)、《鐘》(2007-2008年)等のほか、2017年の新作《炎樹》も展示いたします。
②遠藤彰子の画業の変遷を一望可能
初期の「楽園シリーズ」、飛躍のきっかけとなった「街シリーズ」、そして現在に至る500号~ 1500号の大作群まで、その画業の変遷を知ることができます。また、彫刻作品や、新聞連載に寄 せた挿画まで、多彩な活動の軌跡をご覧いただけます。
③充実した内容の展覧会図録
展覧会に合わせて図録を発行いたします。本図録では、本展出品作品のほか、本展に展示するこ とができなかった代表作等も含めて掲載し、より、遠藤彰子の画業の全貌を知ることができる充 実した内容となる予定です(11月27日発行予定、152頁程度、価格未定。詳細は決まり次第ホー ムページ等でお知らせいたします)。

遠藤彰子略歴
1947年 東京都に生まれる
1969年 武蔵野美術短期大学美術科油絵専攻卒業
1978年 第13回昭和会展・林武賞受賞《広場》
1980年 第34回女流画家協会展・女流画家協会賞受賞《駅》(同展にて全5回受賞)
1986年 第29回安井賞展・安井賞受賞《遠い日》
     文化庁芸術家在外研修・インド(~’87)
1996年 武蔵野美術大学油絵学科助教授(’99教授~現在に至る)
2006年 第60回二紀展・内閣総理大臣賞受賞《見しこと》(同展にて全9回受賞)
2007年 平成18年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞(美術部門)
2014年 個展:「魂の深淵をひらく-遠藤彰子展」上野の森美術館
     紫綬褒章受章
2015年 パリ国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)招聘教授
     個展:「Ouvrir la profondeur de l’âme」エコール・デ・ボザール
現  在 武蔵野美術大学油絵学科教授、二紀会委員、女流画家協会委員

関連企画

トークイベント
日 時|
2017年11月27日(月)17:00-18:30(開場16:30)
会 場|
武蔵野美術大学 第1講義室(1号館103教室)
参加方法|
入場無料/先着順(予約不要)/直接会場へお越しください
※展覧会場は18:00閉場のため、イベント終了後は本展覧会をご覧いただけませんのでご注意ください。
出演者|
土方明司(平塚市美術館館長代理、美術評論家、本学油絵学科客員教授)×遠藤彰子
ギャラリートーク
日 時|
2017年12月9日(土)13:30-15:00
会 場|
武蔵野美術大学 12号館地下展示室
参加方法|
入場無料/先着順(予約不要)/直接会場へお越しください
出演者|
本江邦夫(多摩美術大学教授、美術評論家)×遠藤彰子