展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • 文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業サイドバナー
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter

吉田直哉 映像とは何だろうか

テレビ番組開拓者の思索と実践
Naoya Yoshida : What Is Visual Image?
Ideas and Practice of a Television Program Pioneer

吉田直哉 映像とは何だろうか

会 期|
2017年11月27日(月)-12月22日(金)
休館日|
日曜日
時 間|
10:00-18:00(土曜日は17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学美術館 展示室3
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
協 力|
武蔵野美術大学 映像学科研究室

NHKディレクターとして数々のテレビ番組を制作し、また本学では1990年の映像学科開設時に主任教授を務めた吉田直哉(1931-2008)が歩んだ足跡、映像表現へのまなざしを、吉田が制作したテレビ番組、著作、作品制作のもととなった原稿、構成表、写真などの周辺資料を展示し造形的な視点から紐解いていく。

Naoya Yoshida (1931-2008) created a host of television programs as a director at NHK. He also served as department head at the founding, in 1990, of our Department of Imaging Arts and Sciences. This exhibition explores his achievements and his view of visual image through examining, from the perspective of art and design, the television programs Yoshida created, his writings, and materials concerning his creative process, including the written treatments that were the basis for planning programs, organizational diagrams, and photographs.

画像:吉田直哉(撮影:三本松淳)