展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • 文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業サイドバナー
  • MAU-PIAZZA
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter

新島実と視覚伝達デザイン学科

Minoru Niijima and Education of Visual Communication Design

新島実と視覚伝達デザイン学科

会 期|
2018年9月3日(月)-9月29日(土)
休館日|
日曜日、祝日 ※9月17日(月・祝)、24日(月・祝)は特別開館
時 間|
10:00-18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学美術館 展示室2・3・4・5
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
協 力|
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科研究室

米イェール大学大学院でいち早くポール・ランド(Paul Rand, 1914-96)のデザイン理論を学んだ新島実は、帰国後グラフィックデザインを中心に、日本においてランドの視覚意味論を先駆的に実践してきた。また1999年に本学視覚伝達デザイン学科に着任して以降デザイン教育にも尽力し、第一線で活躍する人材を多岐にわたって輩出し続けている。本展では、ポスター、造本、CIなど代表的な新島作品を展示し、考察を重ねながら挑戦し続けてきたグラフィックデザインの足跡をたどる。また同時に多彩な新島ゼミ卒業生の作品を一堂に集め、新島イズムがどのように受け継がれ、あるいはそれを越えて展開しているのか、視覚伝達デザイン学科の一端を紹介する。

画像:《JAPAN》1988年

Niijima was one of the first designers who studied design theory developed by Paul Rand (1914-96) at Yale University. After returning to Japan, he pioneered the application of Rand's visual semantics in his work, which focused on graphic design. In 1999 he joined the Department of Visual Communication Design at Musashino Art University and devoted himself to design education, mentoring numerous talented designers at the forefront of various fields. In this exhibition we trace his works and thoughts in graphic design through reexamination of his posters, bookdesign, and corporate image materials. The exhibition also shows a cornucopia of works by some of Niijima's talented students from the Department of Visual Communication Design, who strove to follow or surpass his principles.