展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • 文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業サイドバナー
  • MAU-PIAZZA
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter

和語表記による和様刊本の源流

The Origins of the Japanese-style Printed Book in Old Japanese Writing

和語表記による和様刊本の源流

会 期|
2018年11月1日(木)-12月18日(火)
休館日|
日曜日、祝日 ※11月3日(土・祝)、4日(日)、23日(金・祝)は特別開館
時 間|
10:00-18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学美術館 展示室3
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
共 催|
武蔵野美術大学 造形研究センター

本展は近世日本の木版印刷による刊本を、造形的視点から再見することにより、「和様刊本」を日本の造本デザイン史に位置づけることを目的としている。また同時に、漢字・平仮名・片仮名などの字形をはじめ、料紙・印刷・製本等、造本における造形要素の考察を通して、和語表記による「和様刊本」の多様な造本美の世界を紹介する。

画像:嵯峨本 謡本「あふむ小町」(特製本)

This exhibition rediscovers the woodblock printed books published in early modern Japan from the perspective of art and design, to position the Japanese-style printed book in the history of book design. At the same time, through considering all the elements involved in making books-- character shapes of kanji, hiragana, and katakana, the paper, and the printing and binding processes--it introduces the multifaceted world of the Japanese-style printed book in old Japanese writing.