展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter
  • 見どころ
  • 関連企画

大辻清司フォトアーカイブ

写真家と同時代芸術の軌跡 1940-1980
Kiyoji Otsuji "Photography Archive"
The Traces of the Photographer and the Art of His Era 1940-1980

大辻清司フォトアーカイブ

会 期|
2012年05月14日(月)-06月23日(土)
(特別開館日:6月10日)
休館日|
日曜日(ただし特別開館日をのぞく)
時 間|
10:00-18:00(土曜、特別開館日:17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学 美術館 展示室2
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
共 催|
武蔵野美術大学 造形研究センター

監修|柏木 博(本学造形文化・美学美術史教授)、大日方欣一(フォトアーキビスト/本学造形研究センター客員研究員)

館蔵の大辻清司コレクションを初公開。70年代までの大辻の活動を、彼が捉えた戦後日本芸術と共に紹介する。

展覧会概要

 大辻清司(1923-2001)は、第二次世界大戦後まもない1949年に、オブジェの美学を追求した前衛的な写真作品を発表することから写真家としての活動を始めます。旺盛な実験精神に貫かれた制作を繰り広げるとともに、写真というメディアがもつ可能性について原理論的な思考をかさね、優れた写真論、写真批評の書き手として、また教育者としても重要な足跡を残し、後続世代に広く影響を及ぼしました。
 当館ならびに造形研究センターは、大辻が残した膨大なネガフィルム、プリント作品等の写真資料を、2008年にご遺族よりご寄贈いただきました。これらの写真資料は、一人の写真家の生涯にわたる活動を包括的に検証することのできる、写真研究において極めて稀なコレクションだといえます。その中には、大辻のカメラアイによって捉えられた戦後日本の芸術諸分野(美術、デザイン、建築、音楽、演劇等)の貴重なドキュメントも数多く含まれています。
 本展では、少年期の写真アルバムを出発点として、前衛グループ「実験工房」「グラフィック集団」をはじめ、多領域のアーティストと交流し、旺盛な活動を展開した1950年代、高度経済成長とともに変貌する建築、都市、環境にレンズを向けた1960年代、そして、撮ることと書くことを往還し、写真にまつわる思考を深めていく1970年代までの約40年間の足跡を辿ります。さらに、主要作品のヴィンテージ・プリントを中心に、これまで公表されることのなかった作品群にも光を当てることで、大辻の仕事を多角的に考察する機会となることでしょう。

見どころ

出品作品
ギャラリー

大辻清司 自写像 [196-]

少年期のアルバム [194-] オブジェ(阿部展也との共作) 1950 陳列窓 1956 無言歌 1956 APN(山口勝弘との共作) 1953 バレエ実験劇場「未来のイヴ」 1955 バレエ実験劇場「乞食王子」 1955 バレエ実験劇場「イルミナシオン」 1955 円形劇場形式による創作劇の夕「月に憑かれたピエロ」 1955 武智能「ストロンチュウム・90」(武智鉄二との共作) 1957 村上三郎「通過」(第2回具体美術展より) 1956 石元泰博 1956 武満徹 1966 「禁色」稽古風景(土方巽と大野慶人) 1959 葉山の家(設計:アントニン・レーモンド) 1958 東京ハイウェイ 1967 クロス・トーク/インターメディア(一柳慧「東京1969」) 1969 クロス・トーク/インターメディア(湯浅譲二) 1969 第10回日本国際美術展「人間と物資」コンタクトプリント 1970 都市の変貌 1972 梓川電源開発 1968 終章 1968 先住者が焼け焦した跡が丸い穴になって残っている廊下 1975 そして家がなくなった 1975 住まいができたら 1976

「大辻清司のカメラアイ、その変遷を追う」

モノを凝視することから出発した大辻の写真は、高度経済成長期における社会状況の推移とともに、モノや出来事を取り巻く場や空間、環境を捉えることへと次第に基軸をシフトしていきます。本展では、少年期のアルバムを起点として、1940年代から70年代までの代表的な作品を中心に、印刷媒体上でのみ発表されていた知られざる作品群をも公開し、大辻のカメラアイの展開を浮き彫りにしていきます。

【関連する出展作品】
「少年期の写真アルバム」1930年代末~1940年代初頭/「絡まりのオブジェ」1949年/「新宿・夜」1952年/「陳列窓」1956年/「氷紋」1956年/「無言歌」1957年/「終章」1967年/「梓川電源開発」1968年/「都市の変貌」1972年/「間もなく壊される家」1975年/「日が暮れる」1975年


「同時代作家との対話とコラボレーション」

「実験工房」「グラフィック集団」への参加をはじめ、前衛美術とデザインの現場でカメラを持った大辻は、同時代を生きる様々なアーティストと交流し、領域を横断する共同制作を試みます。本展では、『アサヒグラフ』(朝日新聞社)における斉藤義重らとの共同制作である「APNのための構成」(1953年)のオリジナル・プリントを掲載誌とともに展示します。また、これまで写真プリントとして公開されていなかった『藝術新潮』(新潮社)1957年8月号での特集「ストロンチュウム・90」を新規プリントによって再現します。

【関連する出展作品】
「オブジェ」「美術家の肖像」1950年 阿部展也との共作
「APNのための構成」1953年 斎藤義重、山口勝弘、北代省三、浜田浜雄との共作
「ストロンチュウム・90」1957年 邦正美、向井良吉、武智鉄二、吉田謙吉との共作
「住まいができたら」1976年 篠原一男設計


「大辻清司が捉えた戦後日本の芸術」

大辻は、独自の作家活動のかたわら50年代中頃から芸術系の印刷メディアにたびたび起用され、同時代を彩る多領域の表現者たち、およびその創造現場にレンズを向ける機会を得ます。造形への深い理解に裏打ちされ、時に大胆な解釈をみせる大辻のそれらの写真群は、戦後日本の芸術諸分野を捉えたドキュメントとして極めて貴重なものだといえますが、これまではごく部分的にしか紹介されて来ませんでした。本展では、未解明のこの領域に光をあて、印刷メディアにおいて大辻が繰り広げた仕事を取り上げます。

【関連する出展作品】
1955年 実験工房による公演「バレエ実験劇場」「月に憑かれたピエロ」
1956-57年 具体美術協会によるパフォーマンス 田中敦子、村上三郎
1950年代 若手美術作家の展覧会会場風景 タケミヤ画廊、新宿風月堂
1950年代~60年代 芸術系雑誌による表現者への取材から 石元泰博、小倉遊亀、剣持勇、武満徹、原弘、棟方志功、毛利武士郎、他
1958年 芸術系雑誌による取材から 桐朋学園(小澤征爾)、桑沢デザイン研究所(桑沢洋子、石元泰博)、他
1959年 <暗黒舞踏>前夜の稽古場「現代の夢魔」 土方巽、大野慶人、他
1969年 代々木体育館における「クロストーク/インターメディア」湯浅譲二、一柳慧、松平頼暁、他
1968年 <もの派>誕生の先駆とされる「第1回神戸須磨離宮公園野外彫刻展」関根伸夫、他
1970年 「第10回日本国際美術展 人間と物質」 榎倉康二、小池一誠、小清水漸、他


会場風景
展示会場風景

関連企画

トークイベント

「大辻清司のまなざし 写真家と同時代芸術をめぐって」
日 時|
2012年5月21日(月)16:30〜18:00
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|
入場無料/整理券なし/直接会場にお越しください(定員約150名)
出演者|
高梨豊(写真家)、 畠山直哉(写真家) 、大日方欣一(本展監修)

ギャラリートーク1
日 時|
2012年6月18日(月)14:40〜
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|
入場無料/整理券なし/直接会場にお越しください(定員約150名)
出演者|
大嶋浩(写真批評家、本学非常勤講師)、大日方欣一(本展監修)

ギャラリートーク2
日 時|
2012年6月22日(金)14:40〜
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|
入場無料/整理券なし/直接会場にお越しください(定員約150名)
出演者|
坂口トモユキ(写真家、本学非常勤講師)、大日方欣一(本展監修)

・大辻清司コレクション(フィルム、コンタクトプリント、オリジナルプリント、印刷物)の概要、その特徴

・「具体」「無言歌」「ストロンチュウム・90」をめぐって

・オリジナルプリントの特徴、「ストロンチュウム・90」の再制作を振り返って/小平雅尋氏(写真家)より

・デジタライズ作業報告

・大辻清司フォトアーカイブの可能性 〜「瀧口修造の宇宙」「教室での大辻清司」を例として

・もうひとつのプロジェクト「大辻清司実験室デジタル補完計画(仮)」/坂口トモユキ氏(写真家)より