展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter
  • 見どころ
  • 関連企画

武蔵野美術大学のデザイン教育アーカイブ

ダイアグラム教育

太田徹也の教育の軌跡/明日を予測する情報のカタチとデザイン
"Diagram Education" Exhibition
Educational Methods of Tetsuya Ota/Shapes and designs of information that forecasts tomorrow

ダイアグラム教育

会 期|
2012年05月14日(月)-06月23日(土)
(特別開館日:6月10日)
休館日|
日曜日(ただし特別開館日をのぞく)
時 間|
10:00-18:00(土曜、特別開館日:17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学 美術館 展示室1
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
協 力|
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科

監修|寺山祐策(本学視覚伝達デザイン学科教授)、陣内利博(本学視覚伝達デザイン学科教授)

17年にわたりデザイン教育を担った太田徹也によるダイアグラムとその教育成果である学生作品を一同に集めて展示。

展覧会概要

 現在、私達は多種多様なメディアと情報の中で生活をしています。ダイアグラムデザインは、こうした膨大な情報を分かりやすく捉えるため、未整理の情報を資料化・系統化・記号化・場所化し、そのデータを図(ダイアグラム)に仕上げ、一定の方向性と整合性を与えるためのデザインです。
 本学視覚伝達デザイン学科は、3年次のカリキュラム「ダイアグラムデザイン」に、太田徹也氏を講師に招き、実践的な教育を展開してきました。太田氏の指導のもとで「いかにデータを自分のものとし、制作者として個性とオリジナリティを自問し、文字・色彩・形態の選択と解釈を行うのか」という問いについて、学生たちは作品制作を通して考察を続けてきました。
 本展では、この「ダイアグラム」教育の現場を紹介します。出展作品は、太田氏の作品の他、1995年度から2011年度にかけて指導を受けた学生たちが制作した課題作品が中心となります。
 本学のデザイン教育の一側面をご覧いただくとともに、グラフィックデザインに欠かすことのできない文字、色、カタチといったデザインの要素で構成され、人間の五感の働きと密接につながっている「ダイアグラム」の醍醐味を堪能していただければ幸いです。

見どころ

出品作品
ギャラリー

モリサワ・タイポグラフィ・スペース第19回企画展 太田徹也の「ダイアグラム」展出展作品 2000

学生作品(全国の河川における生物化学的酸素要求量の年度平均値を視覚化) 学生作品(「アホ・タワケ・バカ」など、地域によって異なる呼び方の度合いを図化) 学生作品(バスの到着時刻を時間軸に基づき表現)
会場風景
展示会場風景

Dgrm_01

Dgrm_08 Dgrm_11 Dgrm_13 Dgrm_18 Dgrm_24 Dgrm_26 Dgrm_28 Dgrm_30 Dgrm_31

関連企画

シンポジウム

デザインとダイアグラムをめぐって―視デの教育を語る―
日 時|
2012年5月18日(金)16:30-18:00
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|
直接会場へお越しください
出演者|
太田徹也、勝井三雄、新島実