展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter
  • 見どころ
  • 関連企画

武蔵野美術大学のデザイン教育アーカイブ

タイポグラフィ教育 I

文字造形を主体にした大町尚友の教育の軌跡
Typography Education I - Tracks of Typography Education of Shoyu Ohmachi

タイポグラフィ教育 I

会 期|
2012年9月10日(月)-10月20日(土)
※9月17日(月・祝)は特別開館
休館日|
日曜日、祝日
時 間|
10:00-18:00(土曜日、特別開館日:17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学 美術館 展示室1
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
協 力|
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科

視覚伝達デザイン学科におけるタイポグラフィ教育を総覧し、主導した大町尚友の教育の軌跡を中心に振り返る。

展覧会概要

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科では1962年の学科創設当初よりタイポグラフィ教育をカリキュラムの柱のひとつとして位置づけ、造形教育を展開してきました。グーテンベルクに始まる活版活字から写植を経て現在のデジタルタイプフェイスに至るまで、タイポグラフィにおける技術は変遷してきましたが、その本質が情報伝達を旨とする文字組にあることに変わりはありません。また、そのタイポグラフィの関連する領域はビジュアルコミュニケーションデザインのほぼ全域に及んでいると言っても過言ではないでしょう。
 本展ではタイポグラフィデザインの第一線で活躍すると同時に、本学で長年講師としてタイポグラフィの基礎教育に尽力してきた大町尚友氏の教育の軌跡をたどり、本学視覚伝達デザイン学科におけるタイポグラフィ教育の道程を振り返ります。
 大町氏は「タイポグラフィ教育では文字組版に関する知識や技術の習得はもちろんのこと、その基礎となる文字を含めた図形に対する眼(視覚受動)、手(視覚表現)、耳(情報取得)を中心とした身体的トレーニングが最も有効である」という信念に基づきデザイン教育を実践してきました。本展では視覚伝達デザイン学科創設から現在に至るまで、タイポグラフィに関連する講義を受講した学生による課題作品を中心に約150点を展示します。また現在タイプフェイスデザイン、グラフィックデザイン、カリグラフィなどの世界で活躍している卒業生の作品も併せてご紹介します。タイポグラフィ教育の歩みとその成果をぜひご覧下さい。

見どころ

出品作品
ギャラリー

typo_img_06

typo_img__01 typo_img_02 typo_img__03 typo_img__04 typo_img_05 typo_img_07 typo_img_08 typo_img_09
会場風景
展示会場風景

関連企画

シンポジウム 「日本の書体開発とタイポグラフィ」
日 時|
2012年9月15日(土) 15:30-17:00
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
出演者|
[パネリスト]大町尚友(本学非常勤講師)/高岡昌生(嘉瑞工房)/鳥海 修(字游工房)
[司会]後藤吉郎(本学視覚伝達デザイン学科教授)