展示会情報

  • 見どころ
  • 関連企画
  • 関連企画

中村とうようコレクション展

楽器とレコードを中心に

中村とうようコレクション展

会 期|
2011年07月04日(月)-09月24日(土)
※8月7日ー9月4日は休館期間
※7月18日、9月23日は特別開館(10:00-17:00)
休館日|
日曜日、祝日、8月7日ー9月4日
時 間|
10:00-18:00(土曜日と特別開館日:17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学 美術館展示室1
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
共 催|
武蔵野美術大学 造形研究センター

監修|柏木博(武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史 教授)|特別監修|中村とうよう(造形研究センター 客員研究員)

音楽評論家、中村とうよう氏の寄贈コレクションの中から、世界各国のレコードや楽器を本学独自の視点で紹介する。

展覧会概要

 当館は、わが国のポピュラー・ミュージック研究の草分けのひとりであり、音楽雑誌「ミュージック・マガジン」(1969年創刊)の初代編集長である音楽評論家、中村とうよう氏の所蔵されていた音楽関連コレクションのすべてを、2006年にご寄贈いただきました。その内容には、ジャズ、ポピュラー音楽、民族音楽を含む世界各国のSPレコード、LPレコード、文献、民族音楽など、幅広く網羅されています。

 本展では、この中村氏のコレクションを通して、音とヴィジュアルが交差する新たな魅力を、美大ならではの視点で伝えたいと思います。特にLPレコードのジャケットは、1950年代から70年代にかけて、グラフィック・デザイナーたちが競って個性的なデザインを展開した表現の場でもありました。また、それに先行したSPレコードは、今では文化財として後世に伝えるべき音楽メディアの原点です。それらのレコードを聞くために作り出された蓄音機(オーディオ機器)も、音楽の歴史を伝えるのに欠かすことの出来ない道具であり、それらの在りし日の姿を顧みるのも、歴史の貴重な追体験となるはずです。そして、音楽を生み出すために作られた世界各地のさまざまな楽器は、先人の工夫の足跡を忍ばせてくれます。
 現代ではインターネットを通じた音楽配信の普及に見られるように音楽メディアの形態が変化するなか、そのモノとしての魅力のあり方も変容していますが、この展示を通してその役目を終えたアナログ・レコード音楽を身近に体験できる機会を提供することや、民族の誇りを象徴すべく機能的に作り出された楽器の魅力に直に触れることは、作家を養成しモノを作り出す大学としては大きな意義のある試みであると思います。

 なお本展は、造形研究センター近代デザイン研究プロジェクトの一環として、センターの客員研究員である中村氏自らが特別監修の立場でこれまでの研究成果をまとめて広く公開いたします。

見どころ

出品作品
ギャラリー

親指ピアノ:中部アフリカ

ウード:トルコ クバのタイコ:コンゴ コラ:西アフリカ バラフォン:西アフリカ
展覧会ちらし

pdfダウンロード

「中村とうよう氏が描く楽器の世界史」
 中村とうよう氏のまなざしは、音楽産業において広く活用されている楽器と同様に、素朴な素材によって作られ大量生産されることのない楽器や民族楽器と呼ばれるような地域性の色濃い楽器にも向けられており、それらの楽器、楽器から生み出される音楽への敬意と愛情にあふれています。それは、中村氏が土着的な楽器が備えるものの中に音楽的な価値を見出しているからに他なりません。定説に縛られることなく独自の視点から世界中の楽器を俯瞰することで、それら民族楽器の優れた機能や特徴を導き出しています。ミュージック・マガジンでも紹介されたサワリ(雑音)の魅力などは、そういった中村氏のまなざしがあってこその主張だと言えるでしょう。まさにこの視点こそが、私たちに世界中の音楽を紹介されてきた音楽評論家中村とうようたる所以なのではないでしょうか。
 本展では、中村とうよう氏が実際に世界各地を訪れて収集された様々な楽器を、それらの楽器の優れた演奏が収録されているレコードと共に紹介します。中村氏書き下ろしの解説をきっかけとして展示をご覧いただくことで、音楽を取り巻く豊かな表現を感じ取っていただけるでしょう。

会場風景
展示会場風景

展示会場風景

展示会場風景 展示会場風景 展示会場風景 展示会場風景 展示会場風景 展示会場風景 展示会場風景 展示会場風景 展示会場風景 展示会場風景

関連企画

ウードによるスペシャルコンサート
日 時|
2011年7月18日(月)(祝)16:30開場 17:00開演
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|
無料。直接会場へお越し下さい
出演者|
常味裕司

本展における重要な出展楽器である「ウード」の生演奏を体験することができるスペシャルコンサートを当館に新設された美術館ホールにて開催します。出演は、日本における著明なウード奏者の一人である常味裕司氏です。本展とともに、本公演を鑑賞することで、その造形の魅力だけでなく音色の美しさにも触れる貴重な体験となります。


当日の演奏


ウードによるスペシャルコンサート 2011.7.18 武蔵野美術大学美術館・図書館 美術館ホール
曲名 : 永遠なるナイル(Mohammad Abdelwahab 作曲)

中村とうよう氏によるSPレコードコンサート

中村とうよう氏のご逝去にともない、本コンサートは中止いたします。

親指ピアノとマリンバによるスペシャルコンサート
日 時|
2011年9月12日(月)16:30開場 17:00開演
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|
無料。直接会場へお越し下さい
出演者|
サカキマンゴー(親指ピアノ奏者)
出演者|
ガジュマル・アンサンブル(マリンバ等)(北澤恵美子村松友里愛方波見智子

本展における重要な出展楽器である「親指ピアノ」の生演奏を体験することができるスペシャルコンサートを美術館ホールにて開催します。出演は、日本における親指ピアノ奏者の第一人者であるサカキマンゴー氏と、マリンバとパーカッションによるユニットのガジュマル・アンサンブル(北澤恵美子氏、村松友里愛氏、方波見智子氏)です。本展とともに、本公演を鑑賞することで、出展楽器のさらなる魅力を感じとれる貴重な体験となります。

出演者演奏風景


マリンバのルーツ アフリカ編 2010.6.25 渋谷公園通りクラシックス
曲名 : Nhemamusasa - Zimbabwe Shona trad

関連情報

中村とうようコレクションを聴く

機械録音時代のSPレコードを中心に

中村とうようコレクションを聴く

日 程|
2011年12月16日(金)
時 間|
16:30開場 17:00開演
 
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
 
マップ|
こちら
選 曲|
中村とうよう
解 説|
田中勝則(音楽評論家、ライスレコード代表)
 
入館料|
無料
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館

当館主催による「中村とうようコレクション展 楽器とレコードを中心に」の関連企画として予定されていたSPレコード・コンサートを、中村とうよう氏が遺した選曲リストをもとに再現します。解説の代役は、生前の中村氏と共に国内のワールドミュージックを牽引してきた田中勝則氏が務めます。

1887年、円盤形のいわゆるSPレコードが発明されたことによって、録音物としての音楽がはじめて大衆に親しまれるようになります。そこから、おおよそ1950年まで、録音メディアとともに成長してきた大衆音楽の歴史の半分近くがSPレコードの時代と言えます。
中村とうようコレクションには、20世紀初頭のアメリカ音楽をはじめ、同時代のラテン・アメリカ音楽やヨーロッパ音楽、さらにはアラブやアジア、明治時代の日本の音楽など、多彩な地域のSPレコードが所蔵されています。
そんな数あるレコードの中から本企画のために中村氏が選んだレコードは、電気を使わずに音楽を録音し再生していた機械録音時代の音楽でした。SPレコードの時代の前半にあたる1925年までは、手巻きの蓄音機による再生はもちろんのこと、録音も電気を使用することなく行われていました。また、この時代にはいくつものレコード会社が誕生し、世界各地の大衆音楽がレコード化のために録音されました。
インターネットによる音楽配信が盛んな現代において、中村氏が本企画を通じて紹介しようとした音楽は、録音メディアによる音楽がまさに大衆文化として根付こうとしていた、それら機械録音時代のSPレコードでした。
当時の活気ある演奏が収録されたSPレコードを、中村氏本人が所有していた蓄音機ヴィクトローラの音で聴くことのできる、またとない機会です。貴重な音源を楽しむとともに、中村氏のまなざしを感じとっていただけることでしょう。

コンサートのちらし

pdfダウンロード



※SPレコードを聴く中村とうよう氏(大学生当時)