展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter
  • 見どころ
  • 関連企画
  • 関連企画

杉浦康平・脈動する本

デザインの手法と哲学
Vibrant Books
Methods and Philosophy of Kohei Sugiura's Design

杉浦康平・脈動する本

会 期|
2011年10月21日(金)-12月17日(土)
10月30日、11月3日は特別開館日(予定)
休館日|
日曜日、祝日
時 間|
10:00-18:00(土曜日、特別開館日:17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学美術館 展示室3
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
共 催|
武蔵野美術大学 造形研究センター
武蔵野美術大学共同研究「杉浦康平のデザイン」研究グループ
協 賛|
株式会社講談社
株式会社角川グループホールディングス
協 力|
杉浦康平プラスアイズ
武蔵野美術大学 デザイン情報学科研究室
武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科研究室
武蔵野美術大学 基礎デザイン学科研究室
【特別協力】
大日本印刷株式会社
凸版印刷株式会社
EPSON
株式会社竹尾
中越パルプ工業株式会社
助 成|
公益財団法人 花王芸術・科学財団

声を放つ文字、図像が踊る紙面構成、めくるめく手法展開。
半世紀を超える仕事を一望し、独創力の核心に迫る。

展覧会概要

杉浦康平氏は1950年代後半に、建築を学んだ異色の逸材としてデビューを果たして以来、デザイン界にかつてない領域を開拓してきました。とりわけ、非広告系のヴィジュアルコミュニケーション・デザインを初めて本格的に追究したことが特記されるでしょう。また、1980年代からは、アジアの図像研究に目覚ましい成果を残しており、デザイン作品においてもアジア固有の世界観を見事に映し出しています。
杉浦氏は、日本を代表するグラフィックデザイナーとして半世紀を超える活躍を繰り広げ、毎日芸術賞、紫綬褒章をはじめ数々の賞を受賞。その功績は国内外に大きな影響を与え、今日に至っています。
本展は、杉浦氏がとりわけ心血を注いで取り組んだブックデザインを中心にすえ、代表作、および半世紀を超える仕事を一望し、独創力にみちたデザインの核心に迫 ることを意図しています。
日本のブックデザインを牽引してきた、初期から現在に至るまでの膨大な造本作品の中から、重要な作品をテーマごとに体系的に展示。従来の本づくりの概念を覆す斬新な発想による、幾多のデザイン語法、また、時流を超越する普遍的な造形理念と深い精神性を、多元的に浮き彫りにします。
「紙の本」の制約を乗りこえる、宇宙空間に匹敵するデザイン世界の創出。杉浦氏による不断の挑戦は、今日の「電子本」の登場をも予見した、先見性あふれる軌跡と もいえます。
杉浦氏の展覧会は海外を含めて幾つとなく行われてきましたが、全体像を把握で きる展観は日本初となります。類いない杉浦デザイン世界を俯瞰すると同時に、圧倒的な創造力を体感できる展覧会となるでしょう。


【展示の見所】
ゆらぎ、うつろうブックデザイン。声を放つ文字たち。めくるめくエディトリアルの展開…。本展は杉浦康平デザインによる単行本、全集、豪華本、新書・選書・文庫、辞書、展覧会カタログ、さらにダイアグラムや、アジアへの眼差しの成果である一連の自著など、初期の作品から近年に至る代表作を主体に、約1000点を展示する予定です。熱意あふれるスタッフと共同制作しつづけたさまざまな造本作品が、ジャンルや年代を交錯させながら一堂に会することで、杉浦作品群の「脈動する多 元的デザイン宇宙」の全容を俯瞰します。
また、本展では、数多い作品に潜む独自の手法、思考法を幾つかのテーマごとに体系化して展示することで、杉浦デザインの特徴をより深く理解しうる展示構成となっています。さらにデザイン手法や思考法を読みとくための映像作品や、膨大なシリーズ本をビジュアル・アーカイブ化した検索システムが加えられ、作品のなかに重層的に織りこまれたデザイン語法や哲学をビジュアルに、かつ多面的に掘り下げて紹介します。
さらに本展の大きな特徴として、造本作品の展示構成および解説映像は杉浦氏自らが特別監修され、まさに会場全体が〈杉浦ワールド〉を顕現する一つの作品となります。

【展示作品】
約1000点を超える展示作品は、杉浦康平氏とともに情熱を傾けたスタッフによる 造本作品を中心に、1960年代の初期の作品から近年に到るまで、代表作を中心に幅広く網羅します。また、細部まで作り込まれたダイアグラムや一部のエディトリアルデザインは、拡大出力して展示する予定です。
◎ 単行本 ◎全集 ◎豪華本 ◎新書・選書・文庫 ◎カタログ ◎辞書
◎ ダイアグラム ◎その他、CD/LDジャケット

【作品解説の映像】
デザインの手法や造本の考え方などについて、視覚表現を駆使した分かりやすい映像で、いくつかの作品を解説します。また本展では、膨大な杉浦デザインのシリーズ本(カバー・表紙)を一覧できる検索システムが用意されています。これらの解説映像は杉浦氏の監修により、ビジュアル表現としても優れた作品となっています。

見どころ

出展作家

杉浦 康平(すぎうら こうへい)
グラフィックデザイナー / 神戸芸術工科大学名誉教授
1932年    東京生まれ
1955年    東京芸術大学建築学科卒業
1964-67年  ドイツのウルム造形大学客員教授
1989-2002年 神戸芸術工科大学教授
2010年4月〜 神戸芸術工科大学アジアンデザイン研究所所長

関連企画

【関連企画】 平成23年度武蔵野美術大学共同研究「杉浦康平グラフィズムとその表現技法」

特別公開講演<ノイズから生まれる>
日 時|
2012年1月16日(月)16:30より(15分前開場)
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|
※事前予約等は行いません。
出演者|
杉浦康平

主催| 「杉浦康平グラフィズムとその表現技法」共同研究チーム(代表 長澤忠徳/デザイン情報学科)
協力| 武蔵野美術大学 美術館・図書館
問い合わせ| デザイン情報学科研究室(助手ー山下亮)
<公開聴講制>

シンポジウム

「杉浦康平の脈動するブックデザイン」が開催されました
日 時|
2011年11月14日(月)16:30~19:00
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
出演者|
杉浦康平 長澤忠徳 寺山祐策 原研哉

   
美術館・図書館で開催中の「杉浦康平・脈動する本」展の関連イベントとしてシンポジウムが開催されました。本展の特別監修である杉浦康平氏、監修の長澤忠徳教授、寺山祐策教授、原研哉教授に登壇頂き、独創的な発想と多彩な手法による杉浦デザインの核心に様々な角度から迫りました。

前半は杉浦氏の講演となり、幾つかの代表的な造本(ブックデザイン)における様々な手法解説からコンセプトにおけるデザイン思想まで深く掘り下げた話しとなりました。さらに豊富なビジュアルによって解き明かされた杉浦デザインの世界に圧倒される内容となりました。

後半は座談会形式となり、長澤教授、寺山教授、原教授それぞれの杉浦デザインに対する論評が繰り広げられ、さらに杉浦氏に核心的な質問が投げかけられ、多角的な視点から杉浦デザインの本質に迫っていきました。その中では、杉浦デザインにおける核、さらにデザイン全体や現代社会の在り方に至るまでの杉浦思想が、自らの言葉によって芳醇に語られました。

会場風景

S-3

S-1 S-2 S-4

関連情報

【関連情報】
ギンザ・グラフィック・ギャラリー第305回企画展
「杉浦康平・マンダラ発光」
杉浦康平氏の膨大なブックデザインの作品群の中でも格別の光彩を放ち、その系譜の頂点に位置する「マンダラ」を主題にした豪華限定本。『伝真言院両界曼荼羅』、『天上のヴィーナス・地上のヴィーナス』、『西蔵<曼荼羅>集成』の3冊を、「日本の密教+イタリア(ルネッサンス)+チベット・マンダラの融和」という杉浦氏独自の発想をもとに、パネル・映像を加えて紹介・展示する。
会  期:2011.12.1(木)-12.24(土)
開館時間:11:00~19:00(土曜:18:00閉館)
休 館 日:日曜、祝日/入場料:無料
会  場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
〒104-0061 中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル
tel:03-3571-5206 / fax:03-3289-1389
www.dnp.co.jp/foundation