展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter
  • 見どころ
  • 関連企画

平成24年度 武蔵野美術大学 造形学部卒業制作・大学院修了制作

優秀作品展


Selected Works from
Musashino Art University Degree Show 2012

優秀作品展

会 期|
2013年4月3日(水)ー4月25日(木)
休館日|
日曜日
時 間|
10:00ー18:00(土曜日は17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学美術館
Web site|
http://yushu.musabi.ac.jp/2013/
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館

本学の造形学部卒業制作および大学院修了制作において優秀賞を受賞した学生作品を一堂に会して展示。美術・デザインの幅広い領域にわたる若々しく力強い作品群を紹介する。

An exhibition of selected works from the Musashino Art University Show 2012 that have received awards of excellence upon their submission as graduation projects for the College and Graduate School of Art and Design at Musashino Art University (MAU). Brimming with a vibrant energy of youth, the selected works represent a wide range of art and design disciplines.

展覧会概要

ムサビの“優秀作品展”本年も開催
武蔵野美術大学では、造形学部卒業制作および大学院修了制作において特に優れた作品や研究成果を発表した学生に対して毎年、優秀賞が贈られます。この受賞作品が一堂に会するのが、当館で昭和42(1967)年より続いてきた”優秀作品展”です。
 平成24年度に各学科より選出された受賞者の作品は、絵画、彫刻、メディアアートなどの美術作品、グラフィック、工芸、建築などのデザイン作品に加え、研究論文発表など多岐にわたります。学生生活の集大成として制作された作品群はいずれも力作揃いで、創造力豊かな表現がご覧頂けます。
 ムサビを代表する学生たちの作品を総覧する本展を通じて、新しい世代の若さと力強さに触れて頂ければ幸いです。

新たな可能性を感じる、多彩な作品群
優秀作品賞を受賞した約100点の作品は、学生が在学中にたゆむことなく制作・研究に取り組んできた成果であるとともに、各学科の造形教育の一側面を示しているとも言えます。学生ならではの鋭い造形感覚でつくりあげられた美術・デザインの幅広いジャンルに渡る作品が並ぶ本展は、新たな才能、限りない可能性との出会いの場となるでしょう。

美術館全体を使った展示
美術館全体の空間を使って多種多様な作品を展示します。5つある展示室には絵画やデザインの作品だけではなく、映像やインスタレーションの作品も展示します。さらに吹き抜けになっているアトリウムにも、彫刻などの立体作品が並び、館全体の空間を存分に活かした展示です。

見どころ

出展作家

本展に出品予定の学科および専攻

造形学部
日本画学科、油絵学科[油絵専攻・版画専攻]、彫刻学科、視覚伝達デザイン学科、工芸工業デザイン学科、空間演出デザイン学科、建築学科、基礎デザイン学科、映像学科、芸術文化学科、デザイン情報学科

大学院造形研究科美術専攻
日本画コース、油絵コース、版画コース、彫刻コース、造形理論・美術史コース

大学院造形研究科デザイン専攻
視覚伝達デザインコース、工芸工業デザインコース、空間演出デザインコース、建築コース、基礎デザイン学コース、映像コース

通信教育課程
油絵学科、工芸工業デザイン学科、芸術文化学科、デザイン情報学科

※都合により出品されない場合があります。あらかじめご了承ください。

出品作品
展覧会ちらし

pdfダウンロード

関連企画

トークイベント「芸術のファンクション」
日 時|
2013年4月18日(木)16:30-18:00
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール
参加方法|
入場無料/整理券なし/直接会場にお越しください(定員約150名)
出演者|
國分功一郎(哲学者、高崎経済大学准教授)
上村卓大(彫刻家、本学助手)
沢山 遼(美術批評、本学非常勤講師)

 
*作品化のために構成要素を束ねる役割をしているもの、すなわちファンクション(関数)を焦点に、優秀作品に代表される現在の美大生作品に通底するものを見据えて対話を行ないます。お楽しみに!

*16:00開場
*終了時刻が美術館の閉館時刻と同様の18:00を予定しているため、イベント終了後に展覧会をご覧いただくことができません。あらかじめご了承ください。