展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter
  • 見どころ
  • 関連企画

13人のドイツ・コミック作家展

13 German Comic Artists

13人のドイツ・コミック作家展

会 期|
2013年9月2日(月)ー11月16日(土)
休館日|
日曜日、祝日(9/23(祝)、10/27(日)、11/4(祝)は特別開館日)
時 間|
10:00ー18:00(土曜、特別開館日は17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学美術館 展示室2
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館 / Goethe-Institut Tokyo(東京ドイツ文化センター)
共 催|
武蔵野美術大学 造形研究センター
協 力|
京都国際マンガミュージアム

監 修:今井良朗(本学芸術文化学科教授)

世界中を巡回している現代のドイツ・コミック作家13人の作品展で、東京での展覧会は初となる。当館独自の展示構成とあわせてコミック・アートの世界を考察する。

A traveling exhibition of illustrations by 13 German comic artists is now in Tokyo for the first time after circling the globe. This exhibition uniquely sturctured for MAU M&L, provides a glimpse into the world of comic art.

展覧会概要

このたび、武蔵野美術大学 美術館・図書館では「13人のドイツ・コミック作家展」を開催いたします。
 本展はアメリカ、ルーマニア、フィリピン、イギリス、タイ、日本では京都、奈良など世界各国を巡回したドイツのコミック作家による作品展です。東京では初めての開催となる本展は、当館と東京ドイツ文化センターの共同企画により、巡回する作品に加えてドイツ・コミックの源流といえる作品や資料および、コミック文化に影響を受けた現在日本で活躍する作家の作品を展示いたします。

1: 「13人のドイツ・コミック作家」
アメリカン・コミックやバンド・デシネといった海外コミックと比較して、日本では紹介される機会があまりなかったドイツ・コミックを紹介します。
 第二次世界大戦中のゾルゲ事件などをテーマにしているイザベル・クライツ (Isabel Kreitz 1967-)や、コンピューターグラフィックや木版画の技法などを組み合わせた作品を発表しているヘニング・ヴァーゲンブレット (Henning Wagenbreth 1962-)、日本の現代のマンガに強い影響を受けたクリスティーナ・プラカ (Christina Plaka1983-)など様々なタイプの、若手を中心としたコミック作家13名を取り上げます。
 また、参考展示としてドイツ・コミックの源流と言える作家、ヴィルヘルム・ブッシュ(Wilhelm Busch 1832-1908)が寄稿した19世紀から20世紀中頃まで発行されていた風刺画雑誌 “Fliegende Blätter”(一橋大学附属図書館所蔵)や、その後に出版された“Münchener Bilderbogen”(当館所蔵)も展示します。

2: 「コミック文化の影響を受けた現代の表現」
コミック文化は現代のアートやデザインの表現に大きな影響を与えています。本セクションでは、現在日本を中心に活躍しているアーティスト、デザイナーから特にコミック文化の影響を色濃く受けている作家2名を紹介します。「梅ラボ」こと梅沢和木(1985-)はアニメ、マンガ、ゲームのキャラクターなどWeb上に広がっている膨大な量の画像を収集・コラージュし、加筆した作品等を発表しています。また、グラフィックデザイン、写真、映像、パフォーマンスなど様々な表現領域で活動し ているタナカノリユキ(1959-)の作品の中から、マンガ表現の一つの特徴であるオノマトペ(擬音)の表現を用いた作品を展示します。

The Musashino Art University Museum and Library is proud to present 13 German Comic Artists.
This traveling exhibition has already toured the USA, Romania, the Philippines, the UK, and Thailand, and, in Japan, Kyoto and Nara. We are proud to host it in Tokyo, in a joint project of our museum and the Goethe Institut. The exhibition at our museum includes, along with the touring exhibition itself, works and materials related to the origins of German comic art and works by Japanese artists influenced by comic culture.

1. 13 German Comic Artists
This exhibition offers visitors a rare opportunity to explore German comic art, which is more rarely exhibited in Japan than American comics or bande dessinée comic strips from Belgium and France. Presenting the works of thirteen German artists, this exhibition is focused primarily on the work of younger artists, including Isabel Kreitz (b. 1967), whose theme is the Sorge incident during WWII, Henning Wagenbreth (b. 1962), whose work combines computer graphic and woodblock printing techniques, and Christina Plaka (b. 1983), who has been powerfully influenced by contemporary Japanese manga.
To illustrate the background of these works, the exhibition will also include caricatures by Wilhelm Busch (1832-1908). Often described as the origin of German comic art, these works, on loan from the collection of the Hitotsubashi University Library, were contributed by Busch to the humor magazine Fliegende Blätter, which was published from the 19th through the mid-20th century. Also included in the exhibition will be illustrations from a later magazine, the Münchener Bilderbogen, from our own collection.

2. The Impact of Comic Culture on Contemporary Expression
Comic culture has had an enormous influence on contemporary art.
For this section we have focused on the world of art and design in Japan and chosen works by two artists on whom that influence has been especially profound. Kazuki UMEZAWA (aka Umelabo, b. 1985) collects images from the vast assortment of anime, manga, and game characters on the Web, creates collages of them, and adds his own distinctive touches. Noriyuki TANAKA(b. 1959) is active in graphic design, photography, film, and performance. For this exhibition we have selected manga that illustrate his distinctive use of onomatopoeia.

Organized by Musashino Art University Museum and Library / Goethe-Institut Tokyo
Coorganized by Musashino Art University Research Center for Art and Design
Supported by Kyoto International Manga Museum
September 2(Mon)-November 16(Sat), 2013 *Special open days : Sep. 23, Oct. 27, Nov. 4
Closed on Sundays and National Holidays.
Opening Hours: 10:00〜18:00(Saturdays and Special open day : 10:00-17:00)
Musashino Art University Museum Gallery 2
Admission free
Supervised by Yoshiro Imai (Professor at MAU, Department of Arts Policy and Management)

見どころ

出品作品
ギャラリー

『生の影を負わされて』アルネ・ベルストルフ 2009 © Arne Bellstorf

『自転車ツアーのチェックリスト』マーヴィル 2008 © Der Tagesspiegel 『愛は目をそらす』リーネ・ホーフェン 2007 © Line Hoven 『キャッシュ―暗闇を見つめて』ラインハルト・クライスト 2009 © Reinhard Kleist
会場風景
展示会場風景

関連企画

Gallery Talk

ギャラリートーク
日 時|
2013.09.19(木) 10:40-12:10
会 場|
武蔵野美術大学美術館 展示室2 At Musashino Art University Museum Gallery2
出演者|
Ulf K.

ドイツから参加作家のUlf K.氏を招致し、自身の作品やドイツ・コミックシーンのお話をうかがいます。

展覧会イベント

バーバラ・リヒター=ヌゴガング氏講演会
日 時|
9月26日(木)16:30〜18:00(16 : 00開場)
会 場|
武蔵野美術大学 美術館ホール(予約不要、直接会場にお越しください)
内 容|
ドイツ・コミックの歴史から最新のトレンドまで、バーバラ・リヒター=ヌゴガング東京ドイツ文化センター図書館長にお話しいただきます。