展示会情報

  • 美術館・図書館 HOME
  • 大学美術館について
  • 利用案内
  • 収蔵品・検索
  • 施設について
  • 展示会情報
  • カタログ・グッズ
  • 美術館特集
  • 民族資料室
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter
  • 見どころ
  • 関連企画

平野甲賀の仕事 1964−2013 展

The Works of Koga Hirano: 1964-2013

平野甲賀の仕事 1964−2013 展

会 期|
2013年10月21日(月)ー12月21日(土)
休館日|
日曜日、祝日(10/27(日)、11/4(祝)は特別開館日)
時 間|
10:00ー18:00(土曜、特別開館日は17:00閉館)
入館料|
無料
会 場|
武蔵野美術大学美術館 展示室3
主 催|
武蔵野美術大学 美術館・図書館
共 催|
武蔵野美術大学 造形研究センター
協 力|
スタジオ・イワト/武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科研究室
助 成|
公益財団法人 花王芸術・科学財団

日本を代表するデザイナー、平野甲賀の全仕事を、装丁・ポスター・チラシ・フォントデザイン・アートディレクションなどから俯瞰、独自のスタイルをつらぬいてきた平野甲賀の世界を展望する。

By examining all the works of Koga Hirano, a leading Japanese graphic designer, ranging from bookbinding, creating posters, flyers, and typeface designs, to art directing, this exhibition provides an intimate look into the original world of Koga Hirano.

展覧会概要

 本展では平野甲賀が半世紀かけて7000冊以上手がけた装幀作品から選りすぐりの300 冊、1960年代後半から70年代にかけてシルクスクリーンで作られたポスター、1990年代に発表したリトグラフ、これまで未発表だったポスター原画2点などを一堂に会し、1964年から2013 年までに手がけた仕事の全貌を紹介します。平野甲賀の作品には独特の「描き文字」が多く使われています。躍動するデザインとその文字はどこから生まれてきたのかを探ります。

 平野甲賀は1938 年に父の赴任先、京城(現:ソウル)に生まれ、1957年武蔵野美術大学の前身、武蔵野美術学校に入学しました。在学中の1960 年、当時グラフィックデザイナーにとっての登竜門的存在であった日宣美展(日本宣伝美術会)において『見るまえに跳べ』(大江健三郎の小説)で特選を受賞しました。卒業後、高島屋宣伝部に入社、その後フリーデザイナーとして活躍します。

 1964 年から1992年の30年弱にわたり晶文社の本の装幀を一手に担います。ひとりのデザイナーが一社の装幀を全て手がけるのは希有なことであり、カウンターカルチャーの旗手であった晶文社のスタイルを作り上げ、出版界に旋風を巻き起こしました。装幀の仕事は他社にもひろがり、文字通り数・質ともに装幀の仕事は平野甲賀にとって代表的な仕事となりました。  また、1960 年代半ばから平野は晶文社の編集者でもあった畏友津野海太郎とともに演劇活動に参加します。六月劇場、黒テントを中心に演劇ポスターやチラシを制作し、舞台装置も手がけました。当時の小劇場運動(アングラ)ではデザイナーたちによる数多くの名作ポスターが誕生しました。1973 年には植草甚一編集雑誌「ワンダーランド」のちの「宝島」のアートディレクターとなり、新鮮な誌面づくりで大変な反響をよびます。1984 年から高橋悠治らが始めたバンド「水牛楽団」、アジア民衆文化通信『水牛』の活動に加わり、演劇活動とは別の表現方法を獲得し、いまでも平野甲賀の根底を流れ続けています。同年木下順二『本郷』の装幀で講談社出版文化賞ブックデザイン賞を受賞します。

 2005 年には神楽坂上の岩戸町に「シアター・イワト」をオープン、ガレージを改装した120 席ほどの小劇場では、ライブ、寄席、朗読会などのプロデユースを行いまし た。2012年には西神田に「スタジオ・イワト」として移転し2013 年まで活動しました。

 これら平野甲賀の類まれな活動とともに生まれてきた「描き文字(コウガグロテスク)」の世界をお楽しみ下さい。

見どころ

出展作家

【装幀】
平野甲賀が装幀したといわれる本は7000 冊以上に及ぶとも言われます。その総数は 本人すら把握できていないほど、多くの装幀を手がけてきました。その中から特に代 表的な装幀作品300 冊と、それぞれの装幀が生まれるアイデアをスケッチや版下な どから探ります。

【ポスター】
平野甲賀の演劇ポスターは1970 年代の演劇を語る上では欠かせない存在であり、当 時のシルクスクリーン技術によって印刷された数多くの作品は、40 年以上たっても 色褪せることなく独特の世界を生み出しています。本展の為にポスターの原画2 点を 修復し、展示します。

【舞台装置】
平野甲賀は演劇ポスターを制作するとともに、舞台装置や舞台衣装のデザインも行い ました。本展では演劇ポスターと共に展示することで、演劇に関わる仕事の全容を探 ります。

【リトグラフ】
装幀のための描き文字を1992 年から2年に渡りリトグラフ印刷し、個展「文字の力」 (東京、京都、神奈川、山梨、ニューヨークにて開催)で発表しました。本展で紹介する リトグラフの中には実際には出版されなかった作品もあり、本展で初めて紹介する版 画作品となります。

【チラシ】
「シアター・イワト」「スタジオ・イワト」を中心に、平野甲賀デザインによるチラシを 展示します。

【象形文字】
平野甲賀の描き文字をフォント化した「コウガグロテスク」を使い、本学の学生ととも に本を作りました。展覧会では平野甲賀自身によって本展のために作らた本とともに 学生による作品も合わせて展示致します。

平野甲賀 略歴
1938  父の赴任先の京城(現 ソウル)で生まれる。
1945  終戦をむかえ、静岡に引きあげる。その後東京へ。
1957  武蔵野美術学校(現 武蔵野美術大学)デザイン科入学。
1960  在学中に日宣美特選入選。
1961  卒業後、高島屋宣伝部(宣研)入社。
1963  高島屋退社。アメリカ、メキシコへ旅行。帰国後、演劇集団「六月劇場」設立に参加(メンバーは津野海太郎、長田弘、岸田森、草野大悟、樹木希林、山元清多等)。舞台装置、衣装、宣材のデザインを担当。
1964  晶文社刊『ウェスカー三部作』の装丁を手がける。事実上の装丁第1冊目。以後、91年まで同社の装丁のほとんどを担う。
1968  「六月劇場」「自由劇場」「発見の会」の有志による「演劇センター68」(のちの「黒テント」)結成。82年まで同集団のデザインを担う。
1973  雑誌「ワンダーランド」、のちの「宝島」を創刊。
1978  「水牛通信」「水牛楽団」の活動に参加(メンバーは高橋悠治、津野海太郎、鎌田慧、八巻美恵、柳生弦一郎等)。
1982  タイ(「水牛楽団」ツアー)、ヨーロッパ、ロシアへ旅行。
1987  「水牛」終結 。
1984  「講談社出版文化賞」ブックデザイン賞、木下順二『本郷』で受賞。
1985  東京藝術大学美術学部デザイン科の非常勤講師を勤める(〜90年)。
1988  西武美術館「現代演劇のアート・ワーク 60's-80's」。
1992  「講談社出版文化賞」の選考委員になる。
装丁をリトグラフに再生した個展「文字の力」を東京、京都、神奈川、山梨、ニューヨークで開催(〜93年)。
1997  雑誌「季刊 本とコンピュータ」のアートディレクターに就任。
2000  モリサワ第20回企画展「僕のタイトル作法 平野甲賀・描き文字装丁」。
2005  シアター・イワト設立。
2007  描き文字フォント『コウガグロテスク06』発売。
2012  武蔵野市立吉祥寺美術館「モジもじ文字」。
2013  武蔵野美術大学 美術館・図書館「平野甲賀の仕事 1964 −2013 展」。

会場風景
展示会場風景

関連企画

1:対談:平野甲賀×新島実
2:平野甲賀によるギャラリートーク
3:「ブックエンド・ミュージック」
4:【グッドなデザイン・ラウンジ!】イベント
日 時|
1:10月21日(月)
2、3:11月30日(土)
4:11月4日(月・祝)

1.対談:平野甲賀×新島実(本学視覚伝達デザイン学科教授)
[日時]10月21日(月)16:30~18:00(16:00開場)
[会場]武蔵野美術大学 美術館ホール
入場無料/先着順(予約不要)/直接会場へお越しください


2.平野甲賀ギャラリートーク
[日時]11月30日(土)15:00~16:30
[会場]武蔵野美術大学美術館 展示室3


3.ライブ「ブックエンド・ミュージック」
[日時]11月30日(土)17:00~18:00
[会場]武蔵野美術大学 図書館大階段
[出演]山口遥子(Vo.) 古川麦(Gt. Vo.) 葛城梢(Mandolin)田中文久(Cb.) 角銅真実(Perc.)

4.【グッドなデザイン・ラウンジ!】イベント
トークイベント「デザイナー平野甲賀とフォトグラファー平野太呂 -ふたりのはなしを聞こう-」
グラフィックデザイナー・平野甲賀氏と写真家・平野太呂氏による初の親子対談
通ってきた時代、デザイナーと写真家という仕事のフィールドは違えども、 おふたりにはどこかに共通点がかいま見えます。
平野甲賀さんには装丁家としての長い実績のお話を、平野太呂さんには写真家としてのルーツとなるお話を、そしてお互いの仕事についての考え方を伺います。
・登壇者:平野 甲賀(グラフィックデザイナー・装丁家/1961年武蔵野美術学校卒)
     平野太呂(写真家/1997年武蔵野美術大学卒)
・定員:50名(デザイン・ラウンジサイトにて事前申込)
・参加費:500円(当日受付/武蔵野美術大学生は無料)
・運営協力:武蔵野美術大学 美術館・図書館

【平野太呂氏プロフィール】
1973年東京生まれ
1992年和光高校卒業
1997年武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業
1997年より3年間、講談社写真部のアシスタントを経て
2000年よりフリーランス

スケートボード専門誌『SB』起ちあげに関わり、フォトエディターを勤める。
広告、CDジャケット、ファッション誌、カルチャー誌で活躍中。
プライベートや取材などで広がった国内外の交友関係を生かし、アート活動をしている人達の発表の場になればと2004年渋谷区上原にギャラリー『NO.12 GALLERY』を起ちあげる。
現在「POPEYE」(マガジンハウス)にて〈ボクと先輩〉連載中