重要なお知らせ

2020年09月17日

美術館にご来館されるみなさまへ

「脇谷徹 ― 素描ということ」展、「イラストレーションがあれば、」展を開催いたします。ご来館の際はこちらをご覧ください。
開館期間:9月21日(月)-10月24日(土)※日曜日は休館
開館時間:10:00–18:00 ※土曜日、祝日は17:00閉館

Museum

美術館

展覧会・イベント

※2021年度に延期になりました

所蔵品展 ― 1960~1970年代のグラフィックデザイン

美術館

所蔵品の中から1960~70年代のポスターをはじめとしたグラフィック資料を紹介する。この時期、日本の高度経済成長を背景に、芸術や文化全般も特筆すべき変化を遂げた。特にデザイン史上でも着目すべき一大プロジェクトとなった1964年の東京オリンピックでは、開催国日本のデザイナーが多大な功績を残した。原弘、亀倉雄策、田中一光、杉浦康平、勝井三雄や横尾忠則らの足跡を展観し、現代の日本的なデザインの源流を改めて検証する。

画像:亀倉雄策《東京オリンピック 第1号ポスター》1961年

時間
10:00-18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
休館日
日曜日・祝日
入館料
無料
会場
武蔵野美術大学美術館 展示室3
主催
武蔵野美術大学 美術館・図書館
監修
木田拓也(武蔵野美術大学 造形文化・美学美術史研究室 教授)

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館
電話:042-342-6003
Eメール:m-l@musabi.ac.jp

タグ一覧

イベント

キーワード