コレクション概要

  • 利用案内
  • ニュース&トピックス
  • 注目の特集
  • データベース検索
  • 美術館・図書館について
  • コレクション概要
  • 施設について
  • アクセスマップ
  • お問合せ
  • MAUML博物図譜
  • レコマル
twitter

美術館・図書館のコレクションや資料について

当館のコレクションは武蔵野美術大学の美術館、図書館、博物館機能を合わせ持つ「知の複合施設」として、美術作品やデザイン資料、貴重書など、多岐に渡る貴重な研究資料を有します。美術やデザインを研究するうえで重要な基礎資料として、社会的にも大きな意義を持つコレクションを形成します。

美術館のコレクション

1967年の開館以来収集されてきた美術作品やデザイン資料などを中心に約4万点所蔵

美術館のコレクション

図書館のコレクション

「博物図譜」「ヨーロッパ初期挿絵本」「20世紀アバンギャルド」「和装本」など美術・デザインにおける貴重書を所蔵

図書館のコレクション

民俗造形資料

一般の民衆が日々の暮らしの中で生み出し、使い続けてきた暮らしの造形資料が9万点所蔵

民俗造形資料

映像資料

映画、ドキュメンタリー、アニメーション、アート映像をはじめとした映像作品など約1万7千点所蔵

映像資料