Museum

美術館

カタログ販売

大辻清司アーカイブ フィルムコレクション, 5 具体

発行年 2021
サイズ 縦29.7cm×横21.0cm
ページ数 96
価格 一般価格2000円/学内1000円

わが国を代表する前衛美術グループである具体美術協会(具体)。吉原治良を精神的な柱とし、関西を拠点に活動していた具体にとって1956年は、東京での展覧会や吉原によるマニュフェスト「具体美術宣言」(『芸術新潮』1956年12月号掲載)等により注目が高まっていた時期です。そして翌57年には、フランスの美術評論家ミシェル・タピエとの交流を通じてアンフォルメル的な表現へと収斂していきます。大躍進となるこの2年間の東京における活動を、大辻は3度撮影しています(第2回具体美術展、「舞台を使用する具体美術」東京公演、第4回具体美術展)。過激なアクション面ばかりが語られがちな初期の具体ですが、大辻が記録した映像には彼らが抱く活動理念を見出すことができます。当巻は、具体初期のリアルな姿を再提示することにより、具体の表現と理念が正しく検証されることを期待するものです。

タグ一覧

イベント

キーワード