Museum

美術館

展覧会・イベント

1998年11月30日(月)〜1998年12月19日(土)

(12月06日(日)は特別開館)

武蔵野美術大学教授退任記念展

加藤達美陶磁展

自選回展

美術館 終了

会期
1998年11月30日(月)-1998年12月19日(土)

(12月06日(日)は特別開館)

時間
9:00‐17:00
休館日

日曜日

入館料

無料

会場

武蔵野美術大学美術資料図書館 2階展示室

主催

武蔵野美術大学美術資料図書館

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館
電話:042-342-6003
Eメール:m-l@musabi.ac.jp

教授退任記念として加藤達美展ー自選回展ーを開催しております。

加藤教授は1929(昭和4)年岐阜県多治見市に生まれました。文部省工芸技術講習所を卒えた後、東京美術学校(現、東京芸術大学)工芸科を卒業されました。1956(昭和31)年にはJETRO派遣の産業意匠研究員としてデンマーク国立美術工芸学校に留学され、デザインの研鑽を積まれました。

1953(昭和28)年最初の個展、フィンランド・ヘルシンキにて陶器による個展、フランス・ヴァロリス国際ビエンナーレ陶器展に招待出品され、近年は陶裳会、日本陶磁協会受賞作家展、くらわんか作陶展を中心に作品発表されています。一方財団法人クラフトセンタージャパンの設立に尽力し、その後理事、日本デザイナークラフトマン協会(現、日本クラフトデザイン協会)理事を歴任されました。1960(昭和35)年には日本クラフト賞、1978(昭和53)年には日本陶磁協会賞を受賞されています。陶磁器29点を展示。

タグ一覧

イベント

キーワード