Museum

美術館

展覧会・イベント

2008年11月10日(月)〜2008年12月13日(土)

(11月30日(日)は開館)

武蔵野美術大学教授退任記念 小泉力雄|金属の仕事

美術館 終了

会期
2008年11月10日(月)-2008年12月13日(土)
(11月30日(日)は開館)
時間
10時00分-18時00分 [土曜日、日曜開館日は17時00分まで]
休館日
日曜及び祝日休館
入館料
無料
会場
武蔵野美術大学美術資料図書館彫刻陳列室
主催
武蔵野美術大学美術資料図書館
協力
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科金工研究室

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館
電話:042-342-6003
Eメール:m-l@musabi.ac.jp

退任記念展は、本学で長年にわたって教鞭を執られ、学生の指導・教育に携わってこられた功績を讃えて開催するものです。先生の創作活動を全体的に見渡せる自薦回顧展という特徴も持ち、在校生はもとより卒業生や関係者など多くの方々が足を運んでくださる、大学美術館にふさわしい展覧会です。
小泉力雄氏は、1938(昭和13)年の東京生まれで、祖父の代からジュウリー制作を家業とする家に育ち、東京都立工芸高等学校から東京藝術大学美術学部工芸科に入学されて鋳金を専攻しつつ家業にも携わり、彫金や鍛金の技を研鑽されてこられました。1963年に本学の工芸工業デザイン学科に招かれ、45 年間にわたり教鞭を執られ、多くの学生たちに熱意あふれる指導されてきました。
また、1964年には日本ジュウリーデザイナー協会(JJDA)の設立に尽力され、今日の同協会の礎を築かれました。手掛けた多くの作品は、数々のジュウリー展やクラフト展などに出展され、1971年には「Diamonds International Awards」を受賞しています。今日も日本ジュエリー協会展をはじめ、多くの展覧会の審査に関わりながら後進の育成と、わが国のジュウリーデザインの発展に寄与されています。
本展では、小泉力雄教授の退任を前に、その仕事を回顧する自選作品約120点とともに、作家の手と技の延長とも言える制作道具をご紹介します。半世紀にわたる「小泉力雄の世界」をご堪能いただき、その情熱と人柄にふれる機会となれば幸いです。

関連情報

関連カタログ

小泉力雄|金属の仕事

  • 発行年 : 2008
  • サイズ : 縦21.5cm×横15.3cm
  • ページ数 : 101
  • 価格 : 一般1,000円/学内500円

タグ一覧

イベント

キーワード