重要なお知らせ

2021年07月09日

緊急事態宣言の発令にともなう開館日時の変更および来館時のご予約について

詳細はこちら

Museum

美術館

展覧会・イベント

2015年7月17日(金)〜2015年7月18日(土)

近代日本彫刻展 −A Study of Modern Japanese Sculpture−

国際シンポジウム「“A Study of Modern Japanese Sculpture”」

美術館 終了

会期
2015年7月17日(金)-2015年7月18日(土)
会場

武蔵野美術大学 美術館ホール

参加方法

入場無料/先着順(予約不要)/直接会場へお越しください

主催

“A Study of Modern Japanese Sculpture”帰国展 国際シンポジウム 実行委員会

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館
電話:042-342-6003
Eメール:m-l@musabi.ac.jp

プログラム

*タイトル、内容は変更する場合があります。

7月17日(金) 17th (Fri) July

9:30 受付開始 Registration
10:00 導入・趣旨説明 Introductory Talk
①黒川弘毅(武蔵野美術大学 彫刻学科 教授):趣旨説明と展示について
Kurokawa Hirotake : About Exhibition and Symposium at Musashino Art University

②座談会:近代日本彫刻とは何か?
エドワード・アーリントン(ロンドン大学スレード校大学院 教授/彫刻科長)、ソフィー・ライケス、黒川弘毅、田中修二
Introductory Conversation:What is Modern Japanese Sculpture?
Edward Allington, Sophie Raikes, Kurokawa Hirotake, Tanaka Shūji

13:00 第1部:江戸と明治のあいだ Between Edo and Meiji
①岡田 靖(木製彫刻文化財保存修復研究所 代表):仏師の系譜-江戸から明治へ
Okada Yasushi : History of “Bussi”-From Edo To Meiji

②藤井 明(小平市平櫛田中彫刻美術館 学芸員):「ほりもの」のリアリズムと距離感
Fujii Akira : Realism and Sense of Distance in “Horimono”

③クレヤ・ポラード(オックスフォード大学付属アシュモレアン博物館 東洋美術部 日本美術学芸員)
:明治初期の芸術志向-宮川香山の「彫刻的」焼物
Clare Pollard : Aspiring to the artistic in the early Meiji period: ‘sculptural’ ceramics by Miyagawa Kōzan

16:00 第2部:日本彫刻の近代的諸相 The Various Phases of Japanese sculpture in Modern
①佐藤道信(東京藝術大学 芸術学科 教授):彫刻の近代-西洋・日本、公と私
Sato Dōshin : Modern on the Sculpture-the West・Japan, public and private

②金 容澈(高麗大学 日本研究センター 副教授):韓国の近代彫刻にとって日本とは何であったか。
Kim Yongcheol : What was Japan for the Korean Modern Sculpture?

③ミカエル・リュケン(フランス東洋言語文化大学 教授/同日本研究センター 所長):戦争記憶の形 — 現代アートへの挑戦1945−2010
Michael Lucken : War Memory and Its Shapes-a challenge to contemporary art, 1945-2010

7月18日(土)18th (Sat) July

9:30 受付開始 Registration
10:00 第3部:彫刻の思考と表現 Thought and Representation of Sculpture
①高橋幸次(日本大学芸術学部 美術学科 教授):高村光太郎の洋行と回帰-小品彫刻の江戸と明治、あるいは刀痕について
Takahashi Kōji : Oversea Travel and Return of Takamura Kōtarō-Observation on the small sculpture in Edo and Meiji, or the trace of knife

②ソフィー・ライケス(ヘンリー・ムーア・インスティテュート 学芸員):高村光太郎作《手》と橋本平八作《石に就て》への所見
Sophie Raikes:Observation on works: ‘Hand’ by Takamura Kotaro and ‘About the Stone’ by Hashimoto Heihachi

③田中修二(大分大学 教育福祉科学部 教授):「彫刻」と「日本画」の間
Tanaka Shūji:Between “Chōkoku” and “Nihonga”

13:30 第4部:「近代」の論点 Issues on “Modern”
①峯村敏明(多摩美術大学美術館 館長):「日本画」-その閉塞と疑似繁栄の元
Minemura Toshiaki:“Nihonga”-A Cause of its Failure and Seeming Prosperity

②ジョン・ウッド(ヘンリー・ムーア・インスティテュート 研究部門主任学芸員):近代彫刻における素材とメタファーとしての木
Jon Wood: Wood as a material and metaphor in modern sculpture

③毛利伊知郎(三重県立美術館 館長):日本彫刻史における前近代と近代
Mōri Ichirō:Pre-modern and Modern in Japanese Sculpture History

16:00 第5部:近代日本彫刻への展望 Outlook at Discipline on Modern Japanese Sculpture
①基調講演:北澤憲昭(女子美術大学 教授):「彫刻」の再検討-日本近代美術史の視点から
Keynote Lecture:Kitazawa Noriaki:Review of “Chōkoku”-from Sight of Modern Japanese Art

②パネル・ディスカッション:彫刻とは何か?
ファシリテーター:アズビー・ブラウン、黒川弘毅
パネリスト:エドワード・アーリントン、ソフィー・ライケス、戸谷成雄、岡崎乾二郎、田中修二、朴 亨國
Panel Discussion:What is Sculpture?
Facilitators: Azby Brown, Kurokawa Hirotake
Panelists:Edward Allington, Sophie Raikes, Jon Wood, Tanaka Shūji, Toya Shigeo, Okazaki Kenjirō, Park Hyounggook

関連情報

関連カタログ

近代日本彫刻展 −A Study of Modern Japanese Sculpture−

  • 発行年 : 2015
  • サイズ : 縦23cm×横17cm
  • ページ数 : 80
  • 価格 : 一般800円/学内400円

完売しました

タグ一覧

イベント

キーワード