重要なお知らせ

2020年09月17日

美術館にご来館されるみなさまへ

「脇谷徹 ― 素描ということ」展、「イラストレーションがあれば、」展を開催いたします。ご来館の際はこちらをご覧ください。
開館期間:9月21日(月)-10月24日(土)※日曜日は休館
開館時間:10:00–18:00 ※土曜日、祝日は17:00閉館

Museum

美術館

展覧会・イベント

※2021年度に延期になりました

片山利弘 ― 領域を越える造形の世界

美術館

戦後日本のデザイン創成期に主導的役割を果たし、後に制作の場を海外に求め、スイス、そしてアメリカに渡った片山利弘(1928~2013)。微細な形のコントロールによる視覚的な平面構成から巨大な建築空間での立体表現まで、デザイン、絵画、彫刻、そして公共空間へ領域を越えて活動した、稀有な造形作家の50年に及ぶ軌跡をたどる日本初の大規模展となる。

画像:片山利弘・作 和泉正敏・協力《正方形へ、光と石の対話》(大原美術館本館レリーフ彫刻)1991年

時間
10:00-18:00(土曜日、特別開館日は17:00閉館)
休館日
日曜日・祝日
入館料
無料
会場
武蔵野美術大学美術館 展示室3
主催
武蔵野美術大学 美術館・図書館
監修
新島実(武蔵野美術大学 名誉教授)

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館
電話:042-342-6003
Eメール:m-l@musabi.ac.jp

タグ一覧

イベント

キーワード