重要なお知らせ

Museum

美術館

展覧会・イベント

2021年8月21日(土)

ムサビ・キッズプログラム

オンライン版 おやこでミニチュアチェアをつくろう!

–ムサビの近代椅子コレクションに触れる–

美術館 終了

定員に達したため、募集を終了しました。

親子で参加できる、キッズ向けのワークショッププログラムを開催します。オンラインで全国どちらにお住まいの方もご参加いただけます。

会期
2021年8月21日(土)
時間
13:00-16:00
会場

オンライン(Zoom)

定員

先着30名 ※定員に達し次第、受付締切

対象

小学3〜6年生とその保護者

参加費

無料

講師

秋山亮太(武蔵野美術大学 造形学部工芸工業デザイン学科助教)

申し込み方法

定員に達したため、募集を終了しました。

主催

武蔵野美術大学 美術館・図書館

協力

武蔵野美術大学 造形学部工芸工業デザイン学科インテリアデザイン研究室

参加の条件
Zoomを使用して参加していただける環境にあること
・原則、保護者と二人一組でご参加いただけること
※小学校高学年のお子さまはおひとりでもご参加いただけますが、接着等の作業工程を踏まえ、可能な限り保護者とのご参加を推奨します。
可能であれば
・完成作をSNS等で発信することにご協力ください。
・当館が配信しているアプリ「MAU M&L 近代椅子コレクション ムサビのイス3D」をiPadまたはiPhoneで事前にダウンロードしてください。(任意)
 ※椅子の細部を見る際に使用します。

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館(教育普及担当)
電話:042-342-6003
Eメール:ml_event@musabi.ac.jp

みなさんは毎日、どんなイスに座りますか?学校のイス、食卓のイス、勉強机のイス、電車のイス、テレビを見るときのイス…。イスにはいろいろなかたちや色、座りごこちがあります。あなたがいつも座るお気にいりのイスはありますか?

武蔵野美術大学 美術館・図書館には約400脚の椅子のコレクションがあります。ムサビ・キッズプログラム「おやこでミニチュアチェアをつくろう!」では、そのコレクションの中からとっておきの1脚をえらび、5分の1サイズの椅子をつくります。
ミニチュアチェアをつくることで、椅子の構造や製造工程、デザイナーの創意工夫を知ることができます。
ワークショップはオンラインで行いますので、全国どちらにお住まいの方もご参加いただけます!

◆ 今回はこちらのチェアをつくります ◆


ヴィープリー図書館の小椅子(サイドチェア No. 66)
フィンランド出身のデザイナー、アルヴァ・アアルト(1898-1976)による、1935年の作品です。アアルト自身が設計を行ったヴィープリー市立図書館(現ロシア、ヴィボルグ)で使用される椅子としてデザインされました。
「ヴィープリー図書館の小椅子(サイドチェア No. 66)」についてもっと詳しく見てみましょう!

◆ 講師紹介 ◆
秋山亮太 (武蔵野美術大学 造形学部工芸工業デザイン学科助教)
1993年 栃木県生まれ
2017年 武蔵野美術大学 造形学部工芸工業デザイン学科卒業後、フリーランスとして活動
2020年 DESIGNART TOKYO 2020 「under30」 受賞
2021年 TALENTE 2021 入賞
    CRACKS AND SHRINKS EXHIBITION CIBONE TOKYO 

過去の「おやこでミニチュアチェアをつくろう!(対面版)」開催レポートはこちら

見どころ

タグ一覧

イベント

キーワード