array(42) {
  ["SERVER_SOFTWARE"]=>
  string(6) "Apache"
  ["REQUEST_URI"]=>
  string(12) "/news/14102/"
  ["USER"]=>
  string(6) "apache"
  ["HOME"]=>
  string(16) "/usr/share/httpd"
  ["SCRIPT_NAME"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["QUERY_STRING"]=>
  string(0) ""
  ["REQUEST_METHOD"]=>
  string(3) "GET"
  ["SERVER_PROTOCOL"]=>
  string(8) "HTTP/1.1"
  ["GATEWAY_INTERFACE"]=>
  string(7) "CGI/1.1"
  ["REDIRECT_URL"]=>
  string(12) "/news/14102/"
  ["REMOTE_PORT"]=>
  string(5) "39308"
  ["SCRIPT_FILENAME"]=>
  string(29) "/var/www/html/mauml/index.php"
  ["SERVER_ADMIN"]=>
  string(16) "iss@musabi.ac.jp"
  ["CONTEXT_DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(19) "/var/www/html/mauml"
  ["CONTEXT_PREFIX"]=>
  string(0) ""
  ["REQUEST_SCHEME"]=>
  string(5) "https"
  ["DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(19) "/var/www/html/mauml"
  ["REMOTE_ADDR"]=>
  string(14) "18.207.240.230"
  ["SERVER_PORT"]=>
  string(3) "443"
  ["SERVER_ADDR"]=>
  string(13) "133.73.250.17"
  ["SERVER_NAME"]=>
  string(18) "mauml.musabi.ac.jp"
  ["SERVER_SIGNATURE"]=>
  string(0) ""
  ["PATH"]=>
  string(49) "/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin"
  ["HTTP_CONNECTION"]=>
  string(10) "Keep-Alive"
  ["HTTP_HOST"]=>
  string(18) "mauml.musabi.ac.jp"
  ["HTTP_ACCEPT_ENCODING"]=>
  string(7) "br,gzip"
  ["HTTP_IF_MODIFIED_SINCE"]=>
  string(29) "Sun, 26 Jan 2020 18:55:38 GMT"
  ["HTTP_ACCEPT_LANGUAGE"]=>
  string(14) "en-US,en;q=0.5"
  ["HTTP_ACCEPT"]=>
  string(63) "text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8"
  ["HTTP_USER_AGENT"]=>
  string(40) "CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)"
  ["proxy-nokeepalive"]=>
  string(1) "1"
  ["SSL_TLS_SNI"]=>
  string(18) "mauml.musabi.ac.jp"
  ["HTTPS"]=>
  string(2) "on"
  ["UNIQUE_ID"]=>
  string(27) "Xw3Cml8rRl4c8OXC28omfAAAAGM"
  ["REDIRECT_STATUS"]=>
  string(3) "200"
  ["REDIRECT_SSL_TLS_SNI"]=>
  string(18) "mauml.musabi.ac.jp"
  ["REDIRECT_HTTPS"]=>
  string(2) "on"
  ["REDIRECT_UNIQUE_ID"]=>
  string(27) "Xw3Cml8rRl4c8OXC28omfAAAAGM"
  ["FCGI_ROLE"]=>
  string(9) "RESPONDER"
  ["PHP_SELF"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["REQUEST_TIME_FLOAT"]=>
  string(15) "1594737306.1512"
  ["REQUEST_TIME"]=>
  string(10) "1594737306"
}
図書館活用ガイダンスのお知らせ(11/21~12/7) | 武蔵野美術大学 美術館・図書館

緊急のお知らせ

2020年06月26日

6月以降の開館について

◾️図書館・イメージライブラリー:学内者を対象に以下の通り開館します。※郵送貸出の受付は終了しました。
【鷹の台キャンパス図書館】6月15日(月)〜7月25日(土) 9:00-17:30(土曜は17:00まで)詳細
【市ヶ谷キャンパス図書館】6月15日(月)〜7月10日(金) 11:00-18:00 7月13日(月)~ 10:00-20:00(土曜休館) 詳細
【イメージライブラリー】6月15日(月)〜7月25日(土) 9:30-17:30(土曜は17:00まで)詳細 
◾️美術館:「令和元年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作優秀作品展」を開催いたします。
【一般の方へ】 7月5日、12日、19日、26日(いずれも日曜日)11:00-17:00はどなたでもご入館いただけます。一般のご来館の方へのお願い
【学内の方へ】 7月3日(金)までの月曜日〜金曜日12:00~17:30は本学に在籍する学生、教職員の方に限りご入館いただけます。学内関係のご来館の方へのお願い
◾️民俗資料室:6月16日(火)より毎週火曜日・木曜日に、学内限定で収蔵庫見学の受付を再開致します。見学時間は12:00~17:00となります。ご来室の方へのお願い

Museum &
Library

ニュース&トピックス

図書館活用ガイダンスのお知らせ(11/21~12/7)

掲載日:2018年11月5日(月)

図書館

図書館活用ガイダンス2018秋
チラシPDF

※本ガイダンスは終了しました

図書館では11月21日~12月7日の期間中、「図書館活用ガイダンス」を開催します。
2018年秋のガイダンスは“レポート応援編”!
みなさんのレポート作成をサポートする3つのプログラムと特別講座をご用意しました。
特別講座を開いてくださるのは教養文化・学芸員課程研究室の荒川先生。先生目線のレポート書き方レクチャー、必聴です!


※各プログラム時間・会場が異なります。

◆プログラムC 「レポート作成基礎知識」
日時:11月21日(水)/12月4日(火)18:00~19:00
場所:美術館2F 第10講義室

レポートと感想文の違いや書き方のルールなどレポート課題に取り組む前におさえておきたいポイントを説明します。また、レポート作成で役立つ図書館の活用方法も紹介します。レポート課題に慣れていない方、レポートの書き方の基礎をしっかりと理解したい方におすすめです。※前期ガイダンスで開催した「レポート作成基礎知識」と同じ内容です。

◆プログラムE 「失敗から学ぶレポート対策
日時:11月28日(水)12月7日(金)18:00~19:00
場所:図書館1F 研究・授業特別閲覧室(図書館1Fカウンター前集合)

レポート課題で陥りがちな失敗(スケジュールの立て方やテーマの見つけ方、ページ数や文字数の問題など)を取り上げ、どうすればより良いレポートが書けるか、現役ムサビ生の経験談も交えながら解決方法を考えていきます。レポート課題の苦手意識を少しずつなくしていきましょう。

◆プログラムF 「レポートのための資料の探し方」
日時:11月23日(金)18:00~18:45
場所:図書館1F 研究・授業特別閲覧室(図書館1Fカウンター前集合)

レポート作成に欠かせない資料集め、「どうやって資料を探せばいいんだろう」と困っていませんか? レファレンスブック、OPACや学術データベースなど様々なツールを使って、幅広く資料を集めてみましょう。さらに、検索時のちょっとしたコツやレポート作成以外でも使えるデータベースも紹介します!

特別講座 「荒川先生によるレポートの書き方レクチャー」
日時:11月27日(火)18:00~19:00
場所:美術館2F 第10講義室

教養文化・学芸員課程研究室の荒川歩先生を講師にお招きし、レポートの書き方の実践テクニックをレクチャーしていただきます。文章を書くことに苦手意識を持っている方にぜひ参加していただきたいレクチャーです。先生の目線からのレポートの書き方、聴いておいて損はないですよ!


★このガイダンスは事前申込が必要です。
参加希望の方は申込フォームからお申込みください。
→ 図書館活用ガイダンス申込フォーム

電話、図書館カウンターでの申込・キャンセルはできません。

タグ一覧

イベント

キーワード