Folk Art
Gallery

民俗資料室

展覧会・イベント

1995年7月25日(火)〜1995年9月19日(火)

(08月20日、09月10日は特別開館)

くらしの造形6 木のうつわ

民俗 終了

会期
1995年7月25日(火)-1995年9月19日(火)
(08月20日、09月10日は特別開館)
時間
9:00‐18:00(土、日曜日は17:00まで)
休館日
日曜日、祝日
入館料
無料
会場
武蔵野美術大学美術資料図書館 1階展示室
主催
武蔵野美術大学美術資料図書館

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館 民俗資料室
電話:042-342-6006
Eメール:m-l@musabi.ac.jp

1995年度の「くらしの造形・6」は、民俗資料室収蔵の木を素材とする民具のうちから「うつわ」としての機能をもつものを約1,300点選んで展示することにいたしました。

木は、藁・蔓・草とともに私たちの身近にある素材であります。日本人は遠いむかしから、これを使って暮らしをたててきました。木の利用は、衣・食・住、生産・生業、年中行事・祭祀、生活のすべての側面にわたってみられ、木の文化ともいえる独特の体系をつくっております。展示品の大半は、桶屋、木地屋、塗師、指物師など専門職人の手によるものですが、特に手の込んだ上手物ではありません。雑器とよばれるものばかりです。今回の展示はほんの一部分にしかすぎませんが、それでも私たち日本人がつくり上げてきた木の文化の一端を窺うことはできるのではないでしょうか。

関連情報

タグ一覧

イベント

キーワード