重要なお知らせ

2021年05月06日

「膠を旅する——表現をつなぐ文化の源流」会期変更について

2021年5月10日(月)より開催を予定していた「膠を旅する——表現をつなぐ文化の源流」は、当館における新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みにともない、展覧会準備に遅延が生じたため、会期を5月12日(水)〜に変更いたします。(※学内限定開催)
直前の変更となり申し訳ございませんが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

2021年04月23日

緊急事態宣言発令にともなう美術館の対応について

2021年4月25日(日)より発令される緊急事態宣言にともない、当館では新型コロナウイルス感染症の感染防止策として、学内(学生・教職員)に限定し、一般の方におかれましては入館をお断りさせていただきます。また開館時間の短縮等も行います。詳細は 緊急事態宣言の対応についてをご確認ください。

Museum

美術館

教育普及

展覧会「リトグラフ 石のまわりで」関連ワークショップ リトグラフワークショップ —アルミ板を使ったリトグラフ制作体験—

掲載日:2018年9月13日(木)

美術館 レポート

美術館では、展覧会「リトグラフ 石のまわりで」関連ワークショップとして、「リトグラフワークショップアルミ板を使ったリトグラフ制作体験」を開催しました。

  当日は、展覧会場にてリトグラフ作品を鑑賞し、その表現の多様さに触れたのち、各自の制作に取り掛かりました。今回はA4またはA5サイズ程度のアルミ板を使い、ダーマトグラフやクレヨンなどの描画材で思い思いの絵を描き、アラビアゴムで製版した後に、各自がバレンを使って作品を刷りあげました。

水と油が反発する性質を利用したリトグラフは、木版や銅版などの版種に比べて制作方法のイメージがわきにくい版種ですが、クレヨンなど油性の描画材を使って、描くように版を作るため、実は小さいお子さんから大人まで幅広い層が楽しめる版画です。
参加者からは「難しかったが楽しかった」「思い通りにならないところが面白かった」というコメントが寄せられ、複雑な制作工程を実際に体験することで、リトグラフへの理解を深める機会となりました。

お問い合わせ先

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館
電話:042-342-6003
Eメール:m-l@musabi.ac.jp

関連情報

タグ一覧

イベント

キーワード