Museum

美術館

展覧会・イベント

2018年11月3日(土)

13:00-17:30

和語表記による和様刊本の源流 漢字文化圏における文字と造本

美術館 終了

会期
2018年11月3日(土)
13:00-17:30
会場
美術館ホール
参加方法
入場無料/先着順(予約不要)/直接会場へお越しください

モデレーター:寺山祐策(本学視覚伝達デザイン学科主任教授、本学造形研究センター研究員、本展監修)

[プログラム]
13:00 – 13:15 モデレーター挨拶 寺山祐策
13:15 – 14:15 講演1「心手合一:タイポグラフィの東洋的手法」蒋華(中央美術学院副教授/中国)
14:15 – 15:15 講演2「都市における視覚的秩序の確立および都市の読み取りについて」馬泉(清華大学教授/中国、本学造形研究センター客員研究員)
15:15 – 15:30 休憩
15:30 – 16:30 講演3「刊本の版下本の書写者と朝鮮時代の木活字印刷について」南權熙(慶北大学校社会科学大学教授/韓国)
16:30 – 17:30 講演4「近代ハングル活字の変遷と流通」朴志勲(朴志勲デザイン事務所 代表)

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館
電話:042-342-6003
Eメール:m-l@musabi.ac.jp

関連情報

タグ一覧

イベント

キーワード