array(42) {
  ["SERVER_SOFTWARE"]=>
  string(6) "Apache"
  ["REQUEST_URI"]=>
  string(12) "/news/17242/"
  ["USER"]=>
  string(6) "apache"
  ["HOME"]=>
  string(16) "/usr/share/httpd"
  ["SCRIPT_NAME"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["QUERY_STRING"]=>
  string(0) ""
  ["REQUEST_METHOD"]=>
  string(3) "GET"
  ["SERVER_PROTOCOL"]=>
  string(8) "HTTP/1.1"
  ["GATEWAY_INTERFACE"]=>
  string(7) "CGI/1.1"
  ["REDIRECT_URL"]=>
  string(12) "/news/17242/"
  ["REMOTE_PORT"]=>
  string(5) "49104"
  ["SCRIPT_FILENAME"]=>
  string(29) "/var/www/html/mauml/index.php"
  ["SERVER_ADMIN"]=>
  string(16) "iss@musabi.ac.jp"
  ["CONTEXT_DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(19) "/var/www/html/mauml"
  ["CONTEXT_PREFIX"]=>
  string(0) ""
  ["REQUEST_SCHEME"]=>
  string(5) "https"
  ["DOCUMENT_ROOT"]=>
  string(19) "/var/www/html/mauml"
  ["REMOTE_ADDR"]=>
  string(14) "18.207.108.191"
  ["SERVER_PORT"]=>
  string(3) "443"
  ["SERVER_ADDR"]=>
  string(13) "133.73.250.17"
  ["SERVER_NAME"]=>
  string(18) "mauml.musabi.ac.jp"
  ["SERVER_SIGNATURE"]=>
  string(0) ""
  ["PATH"]=>
  string(49) "/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/bin"
  ["HTTP_CONNECTION"]=>
  string(10) "Keep-Alive"
  ["HTTP_HOST"]=>
  string(18) "mauml.musabi.ac.jp"
  ["HTTP_ACCEPT_ENCODING"]=>
  string(7) "br,gzip"
  ["HTTP_IF_MODIFIED_SINCE"]=>
  string(29) "Wed, 27 May 2020 16:47:06 GMT"
  ["HTTP_ACCEPT_LANGUAGE"]=>
  string(14) "en-US,en;q=0.5"
  ["HTTP_ACCEPT"]=>
  string(63) "text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8"
  ["HTTP_USER_AGENT"]=>
  string(40) "CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)"
  ["proxy-nokeepalive"]=>
  string(1) "1"
  ["SSL_TLS_SNI"]=>
  string(18) "mauml.musabi.ac.jp"
  ["HTTPS"]=>
  string(2) "on"
  ["UNIQUE_ID"]=>
  string(27) "XzHMlUP9oikHqyC7mZJIGwAAAFw"
  ["REDIRECT_STATUS"]=>
  string(3) "200"
  ["REDIRECT_SSL_TLS_SNI"]=>
  string(18) "mauml.musabi.ac.jp"
  ["REDIRECT_HTTPS"]=>
  string(2) "on"
  ["REDIRECT_UNIQUE_ID"]=>
  string(27) "XzHMlUP9oikHqyC7mZJIGwAAAFw"
  ["FCGI_ROLE"]=>
  string(9) "RESPONDER"
  ["PHP_SELF"]=>
  string(10) "/index.php"
  ["REQUEST_TIME_FLOAT"]=>
  string(15) "1597099157.6309"
  ["REQUEST_TIME"]=>
  string(10) "1597099157"
}
「内田あぐり――化身、あるいは残丘」展記録集販売のお知らせ | 武蔵野美術大学 美術館・図書館

緊急のお知らせ

2020年07月18日

今後の開館について

◾️図書館・イメージライブラリー:学内者を対象に以下の通り開館します。詳細
【鷹の台キャンパス図書館】7月27日(月)~8月22日(土) 10:00-18:00 ※14:00-14:30は消毒のため一時閉館
【市ヶ谷キャンパス図書館】7月13日(月)~8月21日(金) 10:00-20:00(土曜は休館)
【イメージライブラリー】7月27日(月)~8月22日(土) 10:00-17:00
◾️美術館:「令和元年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作優秀作品展」を開催いたします。
【一般の方へ】 7月5日、12日、19日、26日(いずれも日曜日)11:00-17:00はどなたでもご入館いただけます。一般のご来館の方へのお願い
【学内の方へ】 学内限定開催日を追加しました。本学に在籍する学生、教職員など関係者の方に限りご入館いただけます。学内関係のご来館の方へのお願い

Museum &
Library

ニュース&トピックス

「内田あぐり――化身、あるいは残丘」展記録集販売のお知らせ

掲載日:2020年4月15日(水)

総合 美術館

2019年5月20日から6月16日まで当館にて開催した「内田あぐり――化身、あるいは残丘」展の記録集を刊行いたしました。
こちらからお買い求めいただけます。

  

   

概要
身体をテーマに圧倒的な世界観を放つ作品を描き、新たな日本画の可能性を示してきた、現代日本画を代表する画家・内田あぐり。本記録集は、写真家の山本糾氏による「内田あぐり――化身、あるいは残丘」展会場撮り下ろし写真と、会期中に実施した講演会とギャラリートークの書き起こしを掲載したものです。
講演会では、本展の成り立ちや内田作品にとって特別な位置を占めるドローイングについて、さらに新作をめぐる内田作品の制作プロセスまで、2 人の登壇者が作家の核心部分に迫りました。ギャラリートークでは展示の流れに沿って、本展のコンセプトや出品作品について作家自身によって語られ、内田作品の変遷をたどりながら、その本質に触れる内容となっています。

仕様
・判型 A5変型判
・頁数 80頁(カラー16頁、モノクロ64頁

価格
一般:700円/学内:300円

目次

会場風景(撮影:山本糾)

講演会「残丘をめぐる。」 
登壇者:水沢勉(神奈川県立近代美術館 館長)、小金沢智(太田市美術館・図書館 学芸員)、内田あぐり
ギャラリートーク 
出演者:内田あぐり 聞き手:北澤智豊(武蔵野美術大学 美術館・図書館 学芸員)

立ち現れた残丘 鳥越麻由(武蔵野美術大学 美術館・図書館 学芸員)
出品作品リスト+会場マップ

*肩書きは発行当時のものです。

編集 鳥越麻由
デザイン 渡邉翔
発行 武蔵野美術大学 美術館・図書館
印刷 株式会社山田写真製版所
発行日 2020年3月13日

タグ一覧

イベント

キーワード