重要なお知らせ

2021年01月08日

図書館・イメージライブラリー:3月末までの開館について

緊急事態宣言発出に伴う大学対応の決定を受け、短縮開館を継続します。詳細
※新型コロナウイルス感染症の拡大状況に応じて、開館時間等、変更の可能性がございます。

Museum &
Library

ニュース&トピックス

「内田あぐり――化身、あるいは残丘」展記録集販売のお知らせ

掲載日:2020年4月15日(水)

総合 美術館

2019年5月20日から6月16日まで当館にて開催した「内田あぐり――化身、あるいは残丘」展の記録集を刊行いたしました。
こちらからお買い求めいただけます。

  

   

概要
身体をテーマに圧倒的な世界観を放つ作品を描き、新たな日本画の可能性を示してきた、現代日本画を代表する画家・内田あぐり。本記録集は、写真家の山本糾氏による「内田あぐり――化身、あるいは残丘」展会場撮り下ろし写真と、会期中に実施した講演会とギャラリートークの書き起こしを掲載したものです。
講演会では、本展の成り立ちや内田作品にとって特別な位置を占めるドローイングについて、さらに新作をめぐる内田作品の制作プロセスまで、2 人の登壇者が作家の核心部分に迫りました。ギャラリートークでは展示の流れに沿って、本展のコンセプトや出品作品について作家自身によって語られ、内田作品の変遷をたどりながら、その本質に触れる内容となっています。

仕様
・判型 A5変型判
・頁数 80頁(カラー16頁、モノクロ64頁

価格
一般:700円/学内:300円

目次

会場風景(撮影:山本糾)

講演会「残丘をめぐる。」 
登壇者:水沢勉(神奈川県立近代美術館 館長)、小金沢智(太田市美術館・図書館 学芸員)、内田あぐり
ギャラリートーク 
出演者:内田あぐり 聞き手:北澤智豊(武蔵野美術大学 美術館・図書館 学芸員)

立ち現れた残丘 鳥越麻由(武蔵野美術大学 美術館・図書館 学芸員)
出品作品リスト+会場マップ

*肩書きは発行当時のものです。

編集 鳥越麻由
デザイン 渡邉翔
発行 武蔵野美術大学 美術館・図書館
印刷 株式会社山田写真製版所
発行日 2020年3月13日

タグ一覧

イベント

キーワード