重要なお知らせ

2021年05月06日

「膠を旅する——表現をつなぐ文化の源流」会期変更について

美術館にて2021年5月10日(月)より開催を予定していた「膠を旅する——表現をつなぐ文化の源流」は、当館における新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みにともない、展覧会準備に遅延が生じたため、会期を5月12日(水)〜に変更いたします。(※学内限定開催)
直前の変更となり申し訳ございませんが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

2021年04月23日

緊急事態宣言発令にともなう対応について

2021年4月25日(日)より発令される緊急事態宣言にともない、当館では以下の運用といたします。
◾️美術館・民俗資料室
新型コロナウイルス感染症の感染防止策として、学内(学生・教職員)に限定し、一般の方におかれましては入館をお断りさせていただきます。また開館時間の短縮等も行います。
 美術館:詳細は 緊急事態宣言の対応についてをご確認ください。
 民俗資料室開室日時:火・木曜日 12:00-16:30
◾️図書館・イメージライブラリー
4月26日(月)〜5月11日(火)の期間中、市ヶ谷キャンパス図書館は10:00-18:00の短縮開館とします。DNPプラザ1階入口のスタッフに図書館利用の旨を告げ、学生証/職員証を提示のうえ入室してください。鷹の台キャンパス図書館・イメージライブラリーは同期間中も開館時間の変更はありません。

Museum &
Library

ニュース&トピックス

「民具の形態と機能 Vol.3:わくわく!?」開催のお知らせ

掲載日:2013年6月3日(月)

総合 民俗

 伝統的な生活用具(民具)の「形態と機能」をたどるシリーズの3回目です。「蓋と身」「口と穴」に続き、今回は「枠(わく)」をとりあげます。「枠」には、糸を巻き、人や荷を支えるとともに、一定の空間をつくり出して、中のモノを護り、カタチを定め、意味を顕示するなど、多様な役割が課せられてきました。その形態と機能の関わりを確かめ、工夫の数々を具体的にたどって、あらためて「枠とは何か」を探ります。

日 時:2013年6月3日(月)~7月27日(土) 10:00〜17:00
日曜は閉室。(ただし、6月9日は開室)
入場料:無料
会 場:民俗資料室ギャラリー(13号館2階)

→詳細

タグ一覧

イベント

キーワード