大学図書館について




大学図書館は、1967年に「美術資料図書館」(現 美術館棟)としてスタートしました。
その後、蔵書数の増大に伴う書架の狭隘化、施設の老朽化、閲覧席の不足などの施設的な問題解決や教育研究環境の高度化と改善を目的として新棟の建設が進められ、2010年春に図書館棟が完成しました。館名も「美術館・図書館」に改められ、“美術館機能と図書館機能の一体的な展開”という当館の伝統はそのまま引き継がれ、本学ならではの先端的な活動を行っています。

新しい図書館の完成にあわせて、学習・研究に必要な資料を充実させて提供することはもちろん、新しい時代の大学図書館を目指してICT技術を積極的に導入し、<ブックタッチ>などの「ユビキタスライブラリー」機能や「ラーニング・コモンズ」の環境を整え、またオンラインデータベースや当館独自のデジタルコンテンツの制作によりデジタルライブラリー機能の充実にも努めています。館内には無線LANのインフラを整備し、どこからでもネットワークへの接続ができる環境が整っています。
知的コミュニケーションの場として当館の先端的な機能が学習、研究、教育の場で活用されることを期待しています。

図書館1F

1階は美術・デザインの専門図書や特色あるコレクションを収集・保管した研究フロアとなっています。国内外の展覧会図録を集めた「カタログギャラリー」、国内外の絵本を集めた「絵本ギャラリー」、書物の歴史や印刷・製本技術など、書物とその周辺領域に関する本を集めた「ブックギャラリー」、500タイトルの雑誌が配架された雑誌エリア、その他、大学院生個室、研究個室を備え、研究活動のための資料と環境の提供を行っています。
また、1階には文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業に選定された「造形研究センター」が併設され、本学が誇る研究資料の活用、提供をおこなっています。

施設について(図書館1F)

図書館2F

2階は開架図書を中心とした学習フロアとなっています。11万冊の開架図書が主題ごとに配架され、自由に手にとって閲覧することができます。手に取った本に関連する本や、関連する展覧会情報を知りたい時は、書架に設置された<ブックタッチ>に本をかざすことで情報を入手することができます。
情報加工スペースでは大型スキャナーや情報加工ソフトウェアの利用ができ、図書館資料を幅広く活用することができます。
その他にも、長時間滞在型の閲覧キャレルや2つのグループ学習室を設け、学習のための資料と同時に快適な空間の提供を行っています。

施設について(図書館2F)

図書館B1F

地下書庫は保存フロアとなっており、出版年の古い資料や特殊コレクションなど貴重な資料が配架されています。その他に雑誌のバックナンバーが収められており、美術・デザインを中心に建築、演劇、写真、ファッション、文学など国内外の雑誌が幅広く収集され、貴重な研究資料となっています。

施設について(図書館B1F)