Folk Art
Gallery

民俗資料室

展覧会・イベント

2007年4月9日(月)〜2007年4月27日(金)

民俗資料室ギャラリー展示(4) 日本の笠・アジアの笠

民俗 終了

笠は、日常生活のなかで、日射しや雨雪を防ぐ被りものとして、あるいは祭りや儀礼の際の装いとして用いられてきました。菅や竹、ヒノキ、藺草など身近に存在する植物素材が利用され、地域や国の違いによって、様々な技法とかたちの変化、造形の工夫がみられます。今回は収蔵資料から日本の笠・アジアの笠を中心に、帽子などの関連資料も併せて60点余りを紹介します。

会期
2007年4月9日(月)-2007年4月27日(金)
時間
10:00-17:00
休館日
土曜日、日曜日
入館料
無料
会場
武蔵野美術大学13号館2階 民俗資料室ギャラリー
共催
武蔵野美術大学 美術館・図書館

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館 民俗資料室
電話:042-342-6006
Eメール:m-l@musabi.ac.jp

タグ一覧

イベント

キーワード