重要なお知らせ

2020年08月17日

9月の収蔵庫見学について

9月8日(火)より学内限定で毎週火曜日・木曜日に収蔵庫見学の受付をいたします。見学時間は12:00-16:30となります。
一般の方の見学につきましては、コロナ禍の状況を踏まえながら準備を進めております。
日程などの詳細が決定しだいお知らせしますので、当室ウェブサイトでご確認くださいますよう、お願いいたします。

Folk Art
Gallery

民俗資料室

展覧会・イベント

2006年10月28日(土)〜2006年12月6日(水)

10月28日~31日の芸術祭期間中及び11月23日は公開します

くらしの造形17 ぱいぬかじ(南の風) ― 沖縄の風土と民具 ―

民俗 終了

会期
2006年10月28日(土)-2006年12月6日(水)
10月28日~31日の芸術祭期間中及び11月23日は公開します
時間
10時00分-18時00分(土曜・日曜・祭日は17時00分まで)
休館日
日曜日・祭日
入館料
無料
会場
武蔵野美術大学美術資料図書館2階展示室
13号館2階民俗資料室ギャラリー
主催
武蔵野美術大学美術資料図書館
協力
竹富島喜宝院蒐集館, 南嶋民俗資料館
監修
神野善治(武蔵野美術大学教授・美術資料図書館館長)

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館 民俗資料室
電話:042-342-6006
Eメール:m-l@musabi.ac.jp

武蔵野美術大学美術資料図書館の民俗資料室には、昭和40年代に調査・収集した沖縄関係の民具が約300点所蔵されています。これらは主に生活雑器を中心にした陶磁器と、植物繊維で編まれた籠類・袋類などに限られていますが、 美術資料図書館の美術資料部門には、民芸の観点から収集された沖縄の工芸品も数十点収蔵されています。今回はこれらに加えて、亜熱帯の離島ならではの生活を物語る民具を、地元から出品いただいて、島々のくらしを支えてきた造形の特徴を探ります。

関連情報

タグ一覧

イベント

キーワード