重要なお知らせ

2020年11月10日

美術館にご来館されるみなさまへ

「十時啓悦 ― 樹木と漆と暮らし」、「Door is Ajar ドアは開いているか 山本直彰展」、「所蔵品展——ふたしかなデザイン」、「部屋と庭 隔たりの形式」展を開催いたします。
ご来館の際はこちらをご覧ください。

Museum

美術館

展覧会・イベント

チラシPDFダウンロード

2020年8月22日(土)

13:00〜16:00

ムサビ・キッズプログラム

オンライン版 おやこでミニチュアチェアをつくろう!

–ムサビの近代椅子コレクションに触れる–

美術館 終了

小中学生とその保護者

みなさんは毎日、どんなイスに座りますか?学校のイス、食卓のイス、勉強机のイス、電車のイス、テレビを見るときのイス…。イスにはいろいろなかたちや色、座りごこちがあります。あなたがいつも座るお気にいりのイスはありますか?
武蔵野美術大学 美術館・図書館には、約400脚の椅子のコレクションがあります。
ムサビ・キッズプログラム「親子でミニチュアチェアをつくろう!」では、そのコレクションの中からとっておきの1脚をえらび、5分の1サイズのイスをつくります。
今回は、初めてオンラインでのワークショップに挑戦します!今までなかなか参加していただけなかった遠方のみなさんにも、ふるってご参加いただけましたらうれしく思います。がまんの多いこの日常をいつの日かのりこえて、今までどおりの生活がもどってきたころには、ぜひ、本物のイスを見にムサビまで来てくださいね。

会期
2020年8月22日(土)

13:00〜16:00

定員

30名
※応募多数の場合は抽選

対象

小中学生とその保護者

参加費

無料
※ただし、送料をご負担いただきたく、着払いでキットをお送りさせていただきます。

講師

秋山亮太(本学工芸工業デザイン学科研究室 助教)

申し込み方法

募集は終了いたしました。
締切:8月6日(木)
※お申込みは、ご兄弟でのお申込みを除きメール1件につき1名の応募とさせていただきます。
※応募者の個人情報は厳重に管理し、本ワークショップの運営上にのみ使用いたします。

参加の条件
Zoomを使用して参加していただける環境にあること
・原則、保護者の方と二人一組でご参加いただけること
※小学校高学年以上はお子さまのみでもご参加いただけます。
※ただし、接着等の作業工程を踏まえ、可能な限り二人以上でのご参加を推奨します。
可能であれば
・完成作をSNS等で発信することにご協力ください。
・当館が配信しているアプリ「MAU M&L 近代椅子コレクション ムサビのイス3D」をiPadまたはiPhoneで事前にダウンロードしてください。(任意)
 ※椅子の細部を見る際に使用します。
主催
武蔵野美術大学 美術館・図書館

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館(担当:内田、鴻、松本)
電話:042-342-6003
Eメール:prmsm@musabi.ac.jp

タグ一覧

イベント

キーワード