重要なお知らせ

Folk Art
Gallery

民俗資料室

展覧会・イベント

チラシPDFダウンロード

2021年10月25日(月)〜2021年12月18日(土)

民俗資料室ギャラリー展示 29

運ぶ——文化とかたち

民俗 開催中

※予約不要でご入室いただけます


12月18日(土)イベント「ムサビ・キッズプログラム 体験!むかしのくらし」を開催!詳細はこちらをご覧ください。

 

民俗学者・宮本常一(1907-1981、1965-1977本学教授)は、機械以前の道具=民具を人間の動作を助けるものと考え、その造形が身体の構造や人、地域それぞれの文化に影響されていることに着目しました。本展のテーマ「運ぶ」は人にとって基本的な動作の一つです。その方法や用いる道具も、荷物の違いはもちろん性別・地形・気候・移動距離など様々な条件に合わせて選択されます。とりわけ、機械以前の時代においては人力に頼ることが多く、運搬方法の選択や道具づくりには知恵が求められました。一見素朴な道具も、素材や身体に合わせた細部の加工からは、現在と異なる自然との向き合い方、美意識も読み取ることができます。
本展では、荷物を支える頭・肩・背・腰・手という身体の部位ごとに運搬道具を紹介し、日頃人々が意識することのない道具の造形と動作との関係を見つめ直します。

 

プレスリリース(PDF)

会期
2021年10月25日(月)-2021年12月18日(土)
時間
10:00-17:00
休館日

水曜日・日曜日

入館料

無料

会場

武蔵野美術大学 13号館2階 民俗資料室ギャラリー

主催

武蔵野美術大学 美術館・図書館

※新型コロナウイルス感染症の今後の拡大状況に応じて会期が変更となる場合があります。

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館 民俗資料室
電話:042-342-6006
Eメール:m-l@musabi.ac.jp

見どころ

出品作品

関連情報

関連カタログ

運ぶ——文化とかたち

  • 発行年 : 2021
  • サイズ : 縦21.0cm×横29.7cm
  • ページ数 : 33
  • 価格 : 無料 ※送料、振り込み手数料のみご負担下さい。

タグ一覧

イベント

キーワード