Museum

美術館

展覧会・イベント

2015年6月27日(土)

16:30ー

ハワイ音楽の輝かしき秘宝 スラック・キー・ギター奏法の名手が奏でるハワイ音楽の魅力の原点

美術館 終了

会期
2015年6月27日(土)
16:30ー
会場
武蔵野美術大学美術館ホール
出演者
山内雄喜、田中勝則(モデレーター

お問い合わせ

お問い合わせフォームからお送りいただくか、下記までお問い合わせください。

武蔵野美術大学 美術館・図書館
電話:042-342-6003
Eメール:m-l@musabi.ac.jp

スラック・キー・ギターというのは、特別に作られたギターの名称ではありません。ハワイ独特のギターの演奏スタイルで、さらにわかりやすく言うと、オープング・チューニングを使ったハワイ独自の演奏方法を指します。これがなんとも魅力的で、近年では日本でも演奏する人が増えてきました。今回のイベントでは、そんなスラック・キー・ギターの名手であり研究者でもある山内雄喜さんをお招きして、その魅力のすべてを探ってしまおうという企画です。
山内さんは1970年代からスラック・キー・ギター奏法を研究し、ハワイに渡ってギャビー・パヒヌイをはじめ黄金期の名手たちから直接教えてもらいながら、テクニックだけでなくハワイ音楽のスピリットまでを学びました。そんな山内さんだからこそ知るこの奏法の歴史や歴代の名人たちの横顔を、さらには実際にギターを手に取っていただき、この演奏方法の楽しさ、多彩さをたっぷり教えていただこうと考えております。
一日限りの特別企画です。ギター好きの皆さん、ぜひお集まりください。

関連情報

関連カタログ

ポピュラー音楽の世紀

  • 発行年 : 2015
  • サイズ : 縦25.7cm×横18.2cm
  • ページ数 : 200
  • 価格 : 一般2,000円/学内1,000円

タグ一覧

イベント

キーワード